CD

Gentleman Ruffin

David Ruffin (デビッドラフィン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR27783
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, リマスター

商品説明

元テンプスのリード・シンガーがモダンなサウンドに乗って黄金の喉を響かせるワーナー・ブラザーズ第2弾 <1980年作品>

ワーナー・ブラザーズ移籍第1弾の前作『ソー・スーン・ウィ・チェンジ』(WPCR-27759)と同じく、名プロデューサー、ドン・デイヴィスを迎えて制作された、ソロ通算9作目。女性シンガー、ラヴァーナ・メイソンとのデュエット曲では情熱的に掛け合う姿を見せ、R&Bチャートに上がった心地よいミディアム・グルーヴ〈スロー・ダンス〉では包み込むような男の優しさを醸し出す。円熟のソウル・シンガー、ここにあり。

■歌詞付
■2014年デジタルリマスター
■新規書下ろしライナーノーツ
(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

モータウン出身のソウル・シンガー、デヴィッド・ラフィンのワーナー移籍第2弾アルバム(80年作品)。デュエット曲を含むなど、よりスタイリッシュで洗練された雰囲気が魅力の一枚だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
テンプテーションズで得た名声、ドラッグに...

投稿日:2007/02/27 (火)

テンプテーションズで得た名声、ドラッグに溺れた低迷期。傲慢、我が儘、破天荒。デビッドラフィンには、いつもそんなイメージが付きまとう。でも、ワーナーでの2作は、まさに70年代ソウルの決定版。声の艶、色気、男らしさ。ボーカリストとして不世出な存在です。彼の全てのソロアルバムをCD化して欲しい。ただし、BOXは御法度。

tm2188 さん | 大阪府 | 不明

0

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品