CD

About Face

David Gilmour (デヴィッド ギルモア)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MHCP1050
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター
追加情報
:
2006年最新リマスター
最新インタビューを掲載したブックレット付

商品説明

内省的なムードを持った前作のソロ一作目(1978年発表)に比べると、ギルモアのソロ・セカンド・アルバムとなる本作はかなりコマーシャルといえる感覚のサウンドを聴かせている(1984年発表)。スティーヴ・ウィンウッドやジョン・ロードなどのゲストを迎えたり、ジェフ・ポーカロが全面的に参加するなどして、大仰かつ明快な後のフロイドに通じるスタイルを提示。

内容詳細

ピンク・フロイドのリーダー、デヴィッド・ギルモアのソロ第2弾(1984年発表)。フロイドの『ザ・ウォール』『鬱』『対』を手がけたボブ・エズリンとの共同プロデュース作品。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
自慢じゃないけど、当時、FENでイントロが...

投稿日:2007/03/03 (土)

自慢じゃないけど、当時、FENでイントロが流れた瞬間、「あ、ギルモアだ!」って判ったね。その後にLPを購入して、Blue Lightと知った。ソロ一作目と異なり、フロイド無き後、個人力での生き残りを図る「売るため」の作品。結果、彼はピンク・フロイド名義での作品発表の道を選んだわけだ。穿ち過ぎですか?

taka0811 さん | 船橋市ポセイドン | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
ジェフ・ポーカロ参加の額面通りの、ピンク...

投稿日:2006/02/28 (火)

ジェフ・ポーカロ参加の額面通りの、ピンク(“・フロイド”部分欠落)TOTOサウンド。@ノリ良し、HMVのリヴューが言うように新ピンク・フロイド・トリオに通じる印象。どうも全体的にパッとしないが、けっこう水準は高い。

馬熊 さん | AHM牧場 | 不明

1
★
★
★
★
☆
ファーストアルバムよりはポップ度が増して...

投稿日:2003/09/18 (木)

ファーストアルバムよりはポップ度が増してるけど、かわいた、物悲しいギターサウンドは、この人ならではのもの。あらためて、ピンクフロイドの中核だったのだと、思い知らされます。大人のロックという感じですね。

Mew さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Gilmour

愛用のフェンダー・ストラトキャスターから繰り出される、テンション・コードやブルース・スケールを巧みに活用した独特のエモーショナルなプレイは、ピンク・フロイドの音楽に耳を傾けるリスナーの心の奥深い部分に入り込む。

プロフィール詳細へ

David Gilmourに関連するトピックス

おすすめの商品