CD 輸入盤

Tonight -Remaster

David Bowie (デヴィッド・ボウイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
21897
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1984
フォーマット
:
CD

商品説明

大ヒットした『レッツ・ダンス』を意識し、その延長線上にある作風を狙った1984年度作。ビーチ・ボーイズの”神のみぞ知る”のカヴァーや、ティナ・ターナーや旧友イギー・ポップとのデュエットなどの話題はあったが、一般に評価は芳しくなかった。いろいろなサウンドに挑んでいるが、その中では”ラヴィング・ジ・エイリアン”の美しさが際立つ。シングルになった”ブルー・ジーン”は化粧品のCMでも使われていた。

収録曲   

  • 01. Loving The Alien
  • 02. Don't Look Down
  • 03. God Only Knows
  • 04. Tonight
  • 05. Neighborhood Threat
  • 06. Blue Jean
  • 07. Tumble And Twirl
  • 08. I Keep Forgettin'
  • 09. Dancing With The Big Boys

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
#16/27(1984/9/24)UK 1/US 11。Producer ...

投稿日:2013/08/10 (土)

#16/27(1984/9/24)UK 1/US 11。Producer : David Bowie, Derek Bramble and Hugh Padgham。Carlos Alomar (g)。 ”Let’s Dance”でBowieに出逢い、1970年代の黄金期に酔いしれているうちに新作が発売された1984年はなんとも幸せな時期だった。前作ほどのインパクトはなかったけれど、やることなすことすべてがかっこよく、ただひたすら聴き惚れていた記憶がある。 5/9を占めるカバー曲は下記の通り(#4,5はBowieが提供した曲のセルフカバー)。 #2. Don’t Look Down from ”New Values” (1979) by Iggy Pop #3. God only Knows from ”Pet Sounds” (1966) by Beach Boys #4. Tonight from ”Lust for Life” (1977) by Iggy Pop #5. Neighbourhood Threat from ”Lust for Life” (1977) by Iggy Pop #8. I Keep Forgetting from ? (1962) by Chuck Jackson #7. Tumble and Twirlと#9. Dancing with the Big Boysは共作(#9では共演も)で全編Iggy Pop祭りの様相を呈しており、オリジナルアルバムというよりも、”Pin Ups [ENHANCED CD]”的な企画ものとして捉えた方が良いかもしれない。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
Loving The Alienが名曲で、それだけだねこ...

投稿日:2005/10/23 (日)

Loving The Alienが名曲で、それだけだねこのアルバムは。1曲目はホント名曲です。

db さん | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
今聴いてもヤハリ駄目駄目。れっつだんすの...

投稿日:2005/06/18 (土)

今聴いてもヤハリ駄目駄目。れっつだんすの二匹目のドジョウ、マイケル君のようなアルバム製作にはトホホ。良い部分も有るが、アルバム通してムンムン漂う《(選)曲・演奏・アレンジ》、ミエミエの売れ線狙いが、全てをぶち壊す。ミックとのデュエットや日本語曲を、調子に乗って入れなかったのがせめてもの救いか?(それとも、入れた方が、『今でもソレナリニ』売れたか?)暴威史上最低のアルバムNo.1に輝き続けているのは、ある意味凄い。(ヘンナグループノゾク^^;;)

時計仕掛けの林檎 さん | 札幌P.Park | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Bowie

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある種のアメリカン・ロックやソウルのアーティストが追及していくような音楽表現の深さみたいな、ある種の逃げと成熟が許されない立場に立たされたということも言えるかもしれない。

プロフィール詳細へ

David Bowieに関連するトピックス

おすすめの商品