CROSSBEAT Special Edition デヴィッド・ボウイ シンコーミュージックムック

David Bowie (デヴィッド・ボウイ)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401638093
ISBN 10 : 4401638093
フォーマット
発行年月
2013年03月
日本
追加情報
:
178p;26

内容詳細

目次 : ■「ザ・ネクスト・デイ」徹底解剖 / クロス・レビューと制作舞台裏の詳細ドキュメントで新作の全貌に肉迫 / ■Part 1  HISTORY / 生い立ちから現在まで−−激動の50年を追いかけた完全ヒストリー / ■Part 2  DISCOGRAPHY / アルバム/映像/本などボウイの全てをまとめたディスコグラフィ / ■Part 3  LIVE IN JAPAN / 通算7回の来日公演全記録、体験者による回顧録でその真髄に肉迫 / ■Part 4  SOUND+VISION / ロックの可能性を切り拓き続けたその素顔をクローズ・アップ / ■Part 5  WHO’S WHO / デヴィッド・ボウイに関わってきた人たちを年代別に総覧

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
目次の『「ザ・ネクスト・デイ」徹底解剖〜...

投稿日:2013/04/27 (土)

目次の『「ザ・ネクスト・デイ」徹底解剖〜クロス・レビューと制作舞台裏の詳細ドキュメントで新作の全貌に肉迫』には6Pしか割かれていないので要注意。0.5Px3人の徹底解剖クロス・レビューとたった2Pの詳細ドキュメントは肉迫にはほど遠く、羊頭狗肉だ。情報と時間の不足は理解できるがそれにしても、この見出しはない。CROSSBEAT本誌での全曲解説とあるべきクロス・レビューに期待。 ”Pin Ups”の写真を表紙にしたDavid Bowieムックとしては(裏表紙の広告も含めて)良くできている。当時のインタビューの再録を交え、約50Pを使って激動の50年を振り返るPart1とそれを補足する人名辞典としてのPart5は、”Let’s Dance”で出逢い過去の作品を遡って聴きすっかり虜になったものの、”Tin Machine”の頃にはひっそりと離脱してしまった自分のようなロイヤルティの低いファンにとってはたいへんありがたい。 ノスタルジックに来日公演を振り返ったPart3、全8Pしかなく「SOUND+VISION」というタイトルに名前負けしているPart4はともかく、Part2のDisocographyがまた素晴らしい。各1ページを割いたオリジナルアルバム26枚はもちろんのこと、ライブ、DVD、ベスト&コンピレーションにとどまらず、リイシュー、サントラ&コラボ、映画、プロデュース&ミックス作品からアート、演劇、ビジネス、書籍に至るまでを網羅している。  1位 ”Ziggy Stardust”(オール満点!)  2位 ”Low”  3位 ”Station to Station” 5人のレビュワによる評価は上記の通り。以下”Hunky Dory”, ”Aladdin Sane”, Heroes”, ”Scary Monsters”が横一線の次点となり、1970年代のゴールデン・イヤーズっぷりが顕著。個人的には”Let’s Dance”, ”Ziggy Stardust”, ”The Man Who Sold the World”で、”Diamond Dogs”が次点。これから全作品を聴き直すので変わるかもしれないけれど。

build2destroy さん | 不明 | 不明

1

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HERO さん

    読メに入れるのはどうかと思ったが、ベスト発売記念という事で…。デビッドボウイのカッコ良さは外見的なこともさることながら、やはり文学的思想をふんだんに取り入れる事によって生み出される詩にある。「ロックンロールの自殺者」がボードレール、「ダイヤモンドの犬」がオーウェルなど(諸説あるが)、ボウイ自身文学から多大な影響を受けている。「changes」「life on mars?」等、過去にも良曲あるが、昨年の奇跡の復活劇により今なお現役で私達にメッセージを発信し続けている。私は彼のそのヴァイタリティーに感謝する。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Bowie

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある種のアメリカン・ロックやソウルのアーティストが追及していくような音楽表現の深さみたいな、ある種の逃げと成熟が許されない立場に立たされたということも言えるかもしれない。

プロフィール詳細へ

David Bowieに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品