DEVO

DEVO (ディーヴォ) プロフィール

DEVO | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Devoはアメリカのロック・バンドの中でも特に革新的であり、なおかつ成功を手にしたグループである。

1972年、当時Kent State UniversityのArt Schoolに通っていたJerry CasaleとMark Mothersbaughが"de-evolution(人類の進化と逆行するという意)"というコンセプトのもとDevoを結成。初期のメンバーはCasale (bass)、Mark Mothersbaugh (vocals)、Markの兄弟であるBob (lead guitar)、そしてJim(electronic drums)の4人。彼らはシンセサイザーを中核的な要素とする異色のバンドであり、エレクトロ・ポップという新しいサウンドがカルト的なセンセーションを巻き起こした。

ブレイクのきっかけはショート・フィルム「The Truth About De-Evolution」、これを機にDevo はWarner Brosと契約を交わすことになる。その後、1980年にリリースした「Freedom of Choice」がスマッシュ・ヒット、この中に含まれている「Whip It」というシングルがMTV Networkにおいてヘビー・ローテーションでプレイされる。

この頃、他のバンドもエレクトロ・ポップの影響を多少なりとも受け、様々な方向へ音を展開し始める。Devoはその音楽の流行についていけず、何枚かのアルバムを出したあとの90年代前半にやむを得ず解散。CasaleとMothersbaughはそれぞれ違うプロジェクトに取り組むこととなる。

%%message%%