D1 GRAND PRIX プロフィール

D1 GRAND PRIX | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

D1 GRAND PRIX

全日本プロドリフト選手権(ぜんにっぽんプロドリフトせんしゅけん)は、2001年より開催された、「ドリフト走行」を目的としたモータースポーツである。通称「D1グランプリ」(D1 GRAND PRIX・D1GP)。主催は、株式会社D1コーポレーション。

2009年より「グランツーリスモ」が冠スポンサーとなり、シリーズ名が『GRAN TURISMO D1GPシリーズ』。 2010年より大会名が『D1GPインターナショナル・ドリフト・チャンピオンシップ「GRAN TURISMO D1GPシリーズ」』となる。

D1の由来

提案者
元レーサーの土屋圭市と雑誌『OPTION』創始者稲田大二郎。
誕生
自動車ビデオマガジン『VIDEO OPTION』の企画「いかす走り屋チーム天国」から派生。
名称
ドリフトの「D」ドリキン(ドリフトキング)の「D」大二郎の「D」

この3つの「D」から頂点を目指すという意味で「D1」と名付けられた。

概要

単に速さを競う一般的なモータースポーツとは異なり、ドリフト走行における迫力や芸術性をポイント化し競うと。シリーズ戦(年間6-8戦)で争われ、2003年からは海外でも開催されている。 グランプリということでシリーズ化、賞金獲得化、ギャラリー動員されている。

ドリフトがどれだけ上手くてもその先はない。だったらドリフトで飯を食えるように、プロ化にしよう」という意図で開催された。土屋、曰く「最初のうちはOPTIONやV-OPTでの仕事の斡旋も考えていたが、お金を払って見る価値が出来た。」という理由による。

出場者達は各地で名前を売っているドリフター(ドリフト愛好者)達が中心で、日本数万人のドリフター達の頂点を…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%