人を動かす 完全版

D・カーネギー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784105066536
ISBN 10 : 4105066536
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
350p;20

内容詳細

「相手の同意を得る方法」「相手の考えを変える方法」など人間関係の原則について記し、80年にわたり読み継がれてきた不朽の名著を、本人の熱い思いが込められた発売当初の内容にそって新訳。カーネギーの死後に加えられたエピソードを排し、失われていた「本書を書いた理由」など多くの原稿を復活させ、「カーネギーが本当に伝えたかったこと」を、現代的なやさしい言葉で、完全に甦らせました。

目次 : 第1章 人間の取扱説明書/ 第2章 人に好かれる6つの方法/ 第3章 相手を自分の考え方に同調させる12の方法/ 第4章 怒らせずに人を変える9つの方法/ 第5章 敵を味方に変える方法/ 第6章 家庭生活を幸福にする7つの原則

【著者紹介】
D・カーネギー : 1888‐1955。アメリカ・ミズーリ州に生れる。セールスマンなどの仕事を経て、YMCAの夜間学校で「話し方」の講座を受け持つようになる。その後、人間関係についての講義をもとにした『人を動かす』がベストセラーに。『道は開ける』とともにビジネス書・自己啓発書の名著として現在も世界中で広く読み継がれている

東条健一 : 作家。1993年大学卒業。営業職、大手報道機関の社会部記者を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mass34 さん

    若い頃は、絶対読まないであろう本の1冊でした。今読むと深い。

  • Norimasa Saito さん

    ビジネス書の名著D.カーネギーの「人を動かす」を読む。タイトルは人を動かす、だが自分自身の意識を、行動を動かす、変えることを示唆している。人の自尊心、プライドを傷つけないことが大事。その人を尊重すること、名前をしっかり覚えること、相手のミスを責めないこと等当たり前と思っていることだが事例をあげて明快に言葉にしているとこがいい。ナポレオン三世とウジェニー夫妻、文豪トルストイ夫妻、リンカーン夫妻の悲劇は心に残る。家族を含めて人間関係の基本を改めて学べる良書。

  • モケリン(雪桜) さん

    ビジネス書のランキングで上位な理由は分かった。けどこれはビジネスだけでなく、人間関係すべてに適切な一冊でした!本に書いてあることを実践していきたいし、何よりも内容を忘れたくない良書でした!!

  • 尚龍 さん

    自己啓発本の原点となった不朽の名著、人を動かす「完全版」。「新装版」は何度も読み返してきたが、昨年末「完全版」として蘇る。初版は1936年に出版され、長期間世界中のビジネスパーソンが原書「How to win friends influence people」(邦題:人を動かす)として読まれてきた。デール・カーネギーの死後、オリジナルの精神を守りながら夫人の手で改変が加えられる。完全版はカーネギーが目指す姿を分かりやすく、読みやすい文章で現代にあった新鮮さと新たな驚きを与えてくれる良書。

  • もも さん

    本を読む意義の一つとして先人たちが人生をかけて学んだことを少しの時間で知れるというのがあると誰かが言っていたことを思い出す。まさにその人生をかけて学ぶべき、しかし出来る限り早いうちに学んでおきたい訓示がここには書かれている。しかもエッセンス中のエッセンスだ。昨今巷に溢れている自己啓発本もここから学んだことだろうし、何冊もそういった本を読むよりもこの本一冊を読みここで書かれている訓示を常に胸に置いておけばかなり順風満帆な人生が送れるだろう確信を得た。早速いくつかを実践してみると心持ちが違う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

D・カーネギーに関連するトピックス

  • 名著『人を動かす』が文庫版で登場 人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則をデール・カーネギーが説いた不朽の名作『人を動かす』。1936年の初版... |2016年01月14日 (木) 13:45
    名著『人を動かす』が文庫版で登場

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品