CD

Chicago 3

Chicago (シカゴ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR80248
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター

商品説明

FOREVERYOUNGシリーズ

◆『シカゴIII』
この作品もなんとLP2枚組、デビュー作以来3作連続のLP2枚組でのリリースだった。
ピーター・セテラ、ロバート・ラム、テリー・キャスという個性溢れるリード・ヴォーカリスト/メイン・コンポーザーの持ち味がバランス良く発揮された名作で、全米アルバム・チャート2位を記録。「自由になりたい」(全米シングル・チャート20位)、「ロウダウン」(同35位)収録。全米アルバム・チャート2位。

2002年デジタル・リマスター
1971年作品

解説付 歌詞付 対訳付

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ブラス・ロックの先駆者的バンド、1971年のアルバム。発表当時、デビュー作から3作連続LP2組でのリリースだった。ピーター・セテラら個性あふれるリード・ヴォーカリスト/メイン・コンポーザーの持ち味がバランス良く発揮された作品だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
迫力ある生々しいサウンド、演奏面、楽曲面...

投稿日:2011/02/02 (水)

迫力ある生々しいサウンド、演奏面、楽曲面でもかなり充実している、シカゴが最もジャズロックしていた時期の作品。全体の流れも素晴らしくコンセプトアルバムとしても完成度はかなり高いと思う。シカゴの長い歴史の中で文句無く最高傑作と評価します。

ごっちん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
今では手に入らないと思うが、来日記念盤(...

投稿日:2009/03/19 (木)

今では手に入らないと思うが、来日記念盤(17cm)として発売された、「ロウダウン」(日本語盤)が聞いてみたくなった。70年前半の傾向として、やたらPOPSのヒット曲に日本語の歌詞を付けて歌わすのが流行していたと思う。記憶に残っているのは、A・ウィリアムス「ある愛の歌」、ヘドバとダビデ「ナオミの夢」です。P・セテラがたどたどしい日本語で「ロウダウン」を歌っている姿が、懐かしく感じられる。↓のレビューにもあるが、来日記念盤として「栄光のシカゴ」(LP)もありました。

k.k さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
2、7、10、18〜23と名作揃いの名盤。オレの...

投稿日:2007/08/05 (日)

2、7、10、18〜23と名作揃いの名盤。オレの中ではUよりもこちらが上。もっと評価されて良いアルバムだと思う

ラッパ さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Chicago

30年以上のキャリアを誇るものの、人気の並が激しく、過去何回もの危機を乗り越えて活動を展開してきたシカゴ。当初は硬派なブラス・ロックと呼ばれ、のちにミドル・オブ・ザ・ロードなバラードなどを得意とするポップ・バンドとしても成功を収めた彼らの軌跡は、ショウビズ界の荒波を潜り抜けて創作を続けることの困難さを、身を持って示してくれている。

プロフィール詳細へ

Chicagoに関連するトピックス

おすすめの商品