シャルパンティエ(1643-1704)

シャルパンティエ(1643-1704)

シャルパンティエ(1643-1704) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

マルク=アントワーヌ・シャルパンティエまたはマルカントワーヌ・シャルパンティエMarc-Antoine Charpentier, 1643年 - 1704年2月24日)はフランス盛期バロック音楽を代表する作曲家。多作家で洗練された作曲家であり、主に宗教曲が重要な、ジャン=バティスト・リュリの同時代人である。フランス宮廷とほとんど関連を持たず、現代に...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

商品ユーザーレビュー

24件

すべてのユーザーレビューを見る(24件)

  •  クリスティとレザール・フロリサンの名刺代わりの作...

    投稿日:2020/07/22

     クリスティとレザール・フロリサンの名刺代わりの作品であるが、今回CDで久しぶりに聴いて感動を新たにした。ルイ14世を過剰に(?)讚美する他愛のない歌詞であるが、音楽は息を呑むほど素晴らしい。クリスティのお陰で、シャルパンティエはリュリなどよりも遥かに重要な音楽家となった。この後、クリスティは歌劇や宗教音楽など、次々にシャルパンティエを紹介してくれるのだが、この最初のCDが霞むことはない。そろそろシャルパンティエの全集とまではいかなくても、ここまでの集大成みたいなものを出していただきたい。

    ヤナハル さん |50代

    0
  • ニケ、クリスティ、コルボ氏たちにはいくら感謝しても...

    投稿日:2009/03/15

    ニケ、クリスティ、コルボ氏たちにはいくら感謝してもし過ぎることはありません。彼らの演奏によってシャルパンティエの素晴らしい世界に時空を越えて入っていくことができます。今日は昨日までの雨空と打って変わって気持ちの良い春の晴天。仕事場には私一人、ブラインドを下ろして日差しが薄暗い部屋にこぼれています。そこで聴くシャルパンティエ、教会で聴くのとはまた違って純粋に音楽に没頭できるような気がします。

    fuka さん

    0
  • 録音にヒスノイズが多いが、生き生きとしたクリスティ...

    投稿日:2008/01/30

    録音にヒスノイズが多いが、生き生きとしたクリスティならではの演奏。喜劇ということばのままの楽しさが味わえる。音楽なしのおマヌケな会話だけ、なんていうシーンもある。

    アーヴァーズ大好き さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、シャルパンティエ(1643-1704)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%