CD 輸入盤

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー〜ドイツ・グラモフォン&デッカ録音全集(34CD+DVD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837288
組み枚数
:
34
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
DVD付き,輸入盤

商品説明


激動の時代を生きた20世紀を代表する伝説の指揮者による貴重な録音遺産

20世紀を代表する伝説の指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラー[1886-1954]は現代の音楽界にも多大な貢献を成し遂げています。その遺産ともいうべき録音が、初期のものから戦時中の張りつめた環境で行われたもの、戦後の活力あるドイツ・グラモフォンの録音まで、年代順にまとめられたボックスが発売されます。CD34枚組とDVD1枚のセット。
 この独創的で才気あふれる指揮者の芸術はロマン派の理想主義の伝統に深く根付き、ここではオーストリア=ドイツのレパートリーの原点が示されています。フルトヴェングラー自身が作曲した交響曲第2番も収録され、作曲家としての顔も披露しています。
 DVDは1954年ザルツブルク音楽祭で収録されたモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』です。「最高のドン・ジョヴァンニ」と称えられたチェーザレ・シエピを始め、魅力的な当時の名歌手たちが出演しています。この数ヵ月後に亡くなったフルトヴェングラーの指揮姿を見られる貴重な映像でもあります。
 76ページのブックレットには、ノーマン・レブレヒトによるフルトヴェングラーの伝記など充実したエッセー(欧文)や貴重な写真資料も掲載されています。(輸入元情報)

【収録情報】
[戦前の録音]
Disc1
1. メンデルスゾーン:『真夏の夜の夢』序曲 Op.21
2. J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番 BWV.1068より「アリア」
3. シューベルト:『ロザムンデ』 D.797よりバレエ音楽第2番
4. ワーグナー:『ローエングリン』より第1幕への前奏曲
5. ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』より第1幕への前奏曲
6. ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』より『イゾルデの愛の死』
7. シューベルト:『ロザムンデ』序曲 D.797
8. R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1929年(1-3)、1930年(4-8)

Disc2
1. メンデルスゾーン:序曲『フィンガルの洞窟』 Op.26
2. ベルリオーズ:『ファウストの劫罰』 Op.24より『ハンガリー(ラコッツィ)行進曲』
3. シューベルト:『ロザムンデ』 D.797より間奏曲第3番
4. J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番 BWV.1048より第1楽章、第3楽章
5. ロッシーニ:歌劇『泥棒かささぎ』序曲
6. ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、第10番
7. ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集 Op.46より第3番
8. ウェーバー:舞踏への勧誘 Op.65(ベルリオーズ編)
9. ワーグナー:『神々の黄昏』よりジークフリートの葬送行進曲
10. メンデルスゾーン:序曲『フィンガルの洞窟』 Op.26(リハーサル)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1930年(1-7,10)、1932年(8)、1933年(9)

Disc3
1. ベートーヴェン:『エグモント』 Op.84〜序曲
2. モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』 K.492〜序曲
3. モーツァルト: 歌劇『後宮からの誘拐』 K.384〜序曲
4. ロッシーニ:歌劇『セヴィリャの理髪師』序曲
5. ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』 Op.77より序曲、間奏曲
6. モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525
7. J.シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』序曲
8. R.シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯(抜粋)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1933年(1-3)、1935年(4,5)、1936-1937年(6)、1936年(7)、1930年(8)
[戦時中の録音]
Disc4
● ブルックナー:交響曲第5番

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1942年(ライヴ)

Disc5
1. ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 Op.83
2. モーツァルト:交響曲第39番 K.543

 エトヴィン・フィッシャー(ピアノ:1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1942年(ライヴ)(1)、1943年(ライヴ)(2)

Disc6
シューマン:
1. ピアノ協奏曲 Op.54
2. チェロ協奏曲 Op.129

 ヴァルター・ギーゼキング(ピアノ:1)
 ティボール・デ・マヒューラ(チェロ:2)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1942年(ライヴ)

Disc7
1. モーツァルト:交響曲第39番 K.543
2. シューベルト:交響曲第9番 D.944『グレート』

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1944年(ライヴ)(1)、1942年(ライヴ)(2)

Disc8
ベートーヴェン:
1. 序曲『コリオラン』 Op.62
2. 交響曲第4番 Op.60
3. 交響曲第5番 Op.67『運命』

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1943年(ライヴ)

Disc9
ベートーヴェン:
1. ピアノ協奏曲第4番 Op.58
2. 交響曲第7番 Op.92

 コンラート・ハンゼン(ピアノ:1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1943年(ライヴ)

Disc10
1. シベリウス:交響詩『エン・サガ』 Op.9
2. R.シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯 Op.28
3. ラヴェル:『ダフニスとクロエ』第2組曲

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1943年(ライヴ)(1,2)、1944年(ライヴ)(3)

Disc11
ベートーヴェン:
1. ヴァイオリン協奏曲 Op.61
2. 交響曲第4番 Op.60

 エーリヒ・レーン(ヴァイオリン:1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1944年(ライヴ)(1)、1943年(ライヴ)(2)

Disc12
R.シュトラウス:
1. 家庭交響曲 Op.53
2. 交響詩『ドン・ファン』 Op.20
3. ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』 Op.77〜序曲

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1944年(ライヴ)(1,3)、1942年(ライヴ)(2)

Disc13
● ブルックナー:交響曲第9番

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1944年

Disc14
● ブルックナー:交響曲第8番

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1944年

Disc15
1. ブラームス:交響曲第2番 Op.73
2. ベートーヴェン:『レオノーレ』序曲第3番 Op.72b

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1945年(1)、1944年(2)

Disc16
● フランク:交響曲ニ短調

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1945年
[戦後の録音 放送録音 I]
Disc17
ベートーヴェン
1. 交響曲第5番 Op.67『運命』
2. 『エグモント』 Op.84〜序曲

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1947年(ライヴ)

Disc18
1. R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op.20
2. R.シュトラウス:メタモルフォーゼン(23の独奏楽器のための)
3. ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1947年

Disc19
1. J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番 BWV.1068
2. ヘンデル:合奏協奏曲 Op.6-5
3. ヘンデル:合奏協奏曲 Op.6-10
4. ヘンデル:合奏協奏曲 Op.6-10
5. グルック:歌劇『アルチェステ』序曲

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1948年(1)、1954年(2)、1944年(ライヴ)(3)、1950年(4)、1951年(ライヴ)(5)

Disc20
ワーグナー:
1. 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より第1幕への前奏曲
2. 『タンホイザー』序曲
3. 『トリスタンとイゾルデ』より前奏曲
4. 『トリスタンとイゾルデ』より『愛の死』
5. 『パルジファル』より『金曜日の音楽』
6. 『神々の黄昏』より『ジークフリートの葬送行進曲』

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1949年(ライヴ)(1,3,4,6)、1951年(2,5)(2:ライヴ)

Disc21
● ブルックナー:交響曲第7番

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1951年

Disc22
1. ブルックナー:交響曲第4番『ロマンティック』
2. ラヴェル:スペイン狂詩曲

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1951年

Disc23
● チャイコフスキー:交響曲第6番 Op.74『悲愴』

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1951年
[戦後の録音 ドイツ・グラモフォン録音]
Disc24
1. ハイドン:交響曲第88番 Hob.I:88
2. シューマン:『マンフレッド』 Op.115〜序曲
3. シューマン:交響曲第4番 Op.120

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1951年(1)、1949年(2)、1953年(3)

Disc25
シューベルト:
1. 『ロザムンデ』 D.797〜序曲
2. 交響曲第9番 D.944『グレート』

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1953年(ライヴ)(1)、1951年(2)

Disc26
● フルトヴェングラー:交響曲第2番

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1951年
[戦後の録音 放送録音 II]
Disc27
1. ブラームス:交響曲第1番 Op.68
2. ベートーヴェン:大フーガ Op.133

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1952年(1:ライヴ)

Disc28
ベートーヴェン:
1. 交響曲第7番 Op.92
2. 交響曲第8番 Op.93

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1953年(ライヴ)

Disc29
ベートーヴェン:
1. ヴァイオリン協奏曲 Op.61
2. 『レオノーレ』序曲第2番 Op.72a
3. ウェーバー:歌劇『オイリアンテ』 Op.81〜序曲

 ヴォルフガング・シュナイダーハン(ヴァイオリン:1)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1953年(1)、1949年(2)、1954年(3)

Disc30
1. ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a
2. ブラームス:交響曲第3番 Op.90
3. シューベルト:交響曲第8番 D.759『未完成』

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1950年(1)、1954年(ライヴ)(2)、1952年(ライヴ)(3)
[戦後の録音 デッカ録音]
Disc31
1. フランク:交響曲ニ短調
2. シューマン:交響曲第1番 Op.38『春』

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1953年(1)、1951年(2)

Disc32
1. ベートーヴェン:序曲『コリオラン』 Op.62
2. ブラームス:交響曲第2番 Op.73

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(2)
 録音:1951年(1)、1948年(2)

Disc33
● ブルックナー:交響曲第4番『ロマンティック』

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音:1951年
[ボーナス]
Disc34
1. ベートーヴェン:交響曲第5番 Op.67『運命』
2. ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、音楽を語る

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1)
 録音:1926年(1)、1951年(2)
[DVD]
● モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527 全曲

 チェーザレ・シエピ(バス/ドン・ジョヴァンニ)
 デジェー・エルンシュテル(バス/騎士長)
 エリーザベト・グリュンマー(ソプラノ/ドンナ・アンナ)
 アントン・デルモータ(テノール/ドン・オッターヴィオ)
 リーザ・デラ・カーザ(ソプラノ/ドンナ・エルヴィラ)
 オットー・エーデルマン(バス/レポレッロ)
 ヴァルター・ベリー(バス/マゼット)
 エルナ・ベルガー(ソプラノ/ツェルリーナ)
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 演出:ヘルベルト・グラーフ
 制作・監督:パウル・ツィンナー
 収録:1954年10月、ザルツブルク音楽祭
 NTSC、カラー、4:3、Region All、PCM Mono
 Subtitles: German/ English/ French/ Italian/ Spanish/ Chinese

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 モノラル録音


ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
DGからは約25年ぶりの再発ということになる...

投稿日:2019/07/11 (木)

DGからは約25年ぶりの再発ということになるだろうか? 前回のDG全集は確か40,000円近かったと記憶しているが、今回はDecca録音も 含めており、価格面では「お買い得」且つ隔世の感がある。 しかし問題は中身だ。DGは生前のフルトヴェングラーも(EMIより)好感を抱いていたメーカーであるにもかかわらず、LP時代から「フルトヴェングラーの録音」に関して「即、廃盤。なかなか再発売しない」という「粗略な扱い」をしてきた。シューマンの4番に代表されるスタジオ音源以外にベートーヴェンの5番やブラームス1番という「最高のライヴ音源を発掘した」功績があるにもかかわらず、である。 今回の再発売は「大歓迎」だし、普通なら「当然買いなおし」をするだろう。 しかし如何せん情報が少なすぎるのである。「新たな音源の発見は、もはや殆ど期待できない」とはいえ「リマスターによる音質向上」の余地は十分あり得るはずなのだ。また、LPからCDへの転換の際に「チャイコフスキーの悲愴」では「冒頭部分欠落」、シューマン4番では「楽章間の無造作なつなぎ」という初歩的な編集ミスがあったが、今回それらが「修正、改善」されたのかどうか。 それら詳細な情報を公開して頂き、もし「改善されている」と明白になったならば「将来に残す宝として即時再購入」するのだが・・・・。

Y.A さん | 兵庫県 | 不明

13

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品