CD 輸入盤

スイトナー&シュターツカペレ・ベルリンBOX(11CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BC0270
組み枚数
:
11
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

スイトナー・コンダクツ・シュターツカペレ・ベルリン(11CD)

名指揮者、オトマール・スイトナーがシュターツカペレ・ベルリンと録音した数々の演奏から聴きごたえあるレパートリーをセレクトして廉価ボックス化。シュターツカペレ・ドレスデンとの演奏を集めた第1弾に続く注目のセットです。 

オトマール・スイトナー・ボックス
ベルリン国立歌劇場管弦楽団名演集

【収録情報】
【CD1】
・ブルックナー:交響曲第1番ハ短調 (リンツ版) 49:06
1987年デジタル録音

【CD2】
・ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』 (原典版) 64:37
1988年デジタル録音

【CD3】
・ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調 (原典版) 69:33
1990年デジタル録音

【CD4】
・ブルックナー:交響曲第7番ホ長調(ノヴァーク版)
1989年デジタル録音

【CD5】
・ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 (ハース版)80:22
1986年8月デジタル録音

【CD6】
・マーラー:交響曲第2番『復活』
マグダレーナ・ハヨーショヴァー(S)
ウタ・プリエフ(A)
ベルリン国立歌劇場合唱団(合唱指揮:エルンスト・シュトイ)
1983年ステレオ録音

【CD7】
・マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調
1984年ステレオ録音

【CD8】
・レーガー:舞踊組曲 Op. 130 17:56
1973 VEB Deutsche Schallplatten Berlin

・レーガー:古風な様式による協奏曲 Op. 123 23:16
カール・ズスケ、ハインツ・シュンク(vn)
1973 VEB Deutsche Schallplatten Berlin

・レーガー:ベートーヴェンの主題による変奏曲とフーガ Op. 86 22:29
1973 VEB Deutsche Schallplatten Berlin

【CD9】
・ヴォルフ:交響詩『ペンテジレーア』 27:02
1983 VEB Deutsche Schallplatten Berlin

・プフィツナー:劇付随音楽『ハイルブロンのケートヒェン』 Op. 17 23:15
Juliane Koren, Käthchen
Frank Lienert, Ritter vom Strahl
1983 VEB Deutsche Schallplatten Berlin

・R.シュトラウス:『影の無い女』交響的幻想曲 Op. 65 20:24
1980 VEB Deutsche Schallplatten Berlin

【CD10】
・ウェーバー:歌劇『オベロン』序曲 9:34
・ウェーバー:歌劇『ペーター・シュモルと隣人達』序曲 Op. 8 10:14
・ウェーバー:歌劇『精霊の支配者』序曲 Op. 27 4:55
・ウェーバー:歌劇『プレチオーザ』序曲 Op. 78 8:24
・ウェーバー:祝典序曲 Op. 59 7:56
1974年ステレオ録音

【CD11】
・グリーグ:組曲『十字軍の戦士シーグル』 Op. 56 17:26
1976年ステレオ録音

・グリーグ:抒情小品集より二つの楽章 Op. 54
4 第3曲『夜想曲』 3:46
5 第4曲『小人の行進』 3:34
1976年ステレオ録音

・グリーグ:ノルウェー舞曲 Op. 35 15:59
1976年ステレオ録音

・グリーグ:ホルベルク組曲 Op. 40 19:23
1976年ステレオ録音


オトマール・スイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
スウィトナーのブルックナーはもっと評価さ...

投稿日:2014/08/10 (日)

スウィトナーのブルックナーはもっと評価されてよい遺産だと思います。SKDとの8番は素晴らしい名演ですし、このセットの5曲もなんと手強い演奏でしょうか。テンポを大きく揺らし、鳴らすところは十分鳴らす彼の演奏は決して古色蒼然というわけではないのに、現在ではこうしたブルックナーを聴くことはまずありません。当時のSKBの実力も相当なものだったのだろうと思います。もうひとつのブラームスとドヴォルザークのセットも素晴らしいです。

fuka さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
これは、大変な名演名盤、一生の宝ものにな...

投稿日:2010/09/04 (土)

これは、大変な名演名盤、一生の宝ものになると思います。SKBは今日の機能主義万能論の見地からすると多少聴き劣りはするものの、それを補って余りある音そのものの魅力、SKDとはまた違った木肌のぬくもりを感じます。それにスウィトナーの懐の深さ、真の意味でのスケールの大きさに感服します。特にブルックナー5番。あまり期待していなかっただけに良い意味で見事に裏切られました。私にとっては同曲のベストの3本指にはいる名演です。録音も全く不満はありません。

充介 さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
★
入手困難から在庫ありになり待ち焦がれたセ...

投稿日:2010/03/06 (土)

入手困難から在庫ありになり待ち焦がれたセットをやっと聴き充足感にひたっております。ブルックナーをこれほど淡々と演奏しながら、異様に興奮させられるテンポの微妙な揺れや弱音の緊張感そして強奏。これはマーラーにも当てはまる感想です。これまで聴いてきた他の演奏が過度な表現や大げさに深刻ぶったものに思えてしまいます。静と動が絶妙にバランスが取れるとこのような演奏になるのでしょうか。先日放送されたドキュメンタリーには、演奏シーンがが多くありました。全曲の映像商品化になればと願います。

∞er さん | 東京都 | 不明

4

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品