経済政策を売り歩く人々 エコノミストのセンスとナンセンス ちくま学芸文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480092076
ISBN 10 : 4480092072
フォーマット
出版社
発行年月
2009年03月
日本
追加情報
:
15cm,453p

内容詳細

マスコミに華やかに登場する著名エコノミスト。彼らは、じつは間違いだらけの政策を売り込むプロモーターだった!?一世を風靡したマネタリズム、サプライ・サイド経済学、戦略的貿易論…。どれも経済学のプロが見れば破綻は一目瞭然なのに、時の政権が採用し、予想通りの結果を招いたのはなぜか。ノーベル経済学賞を受賞したスター経済学者が、「教授」の名にかけて、間違い理論の数々を斬る!政策決定の内幕を衝撃的に描きつつ、さまざまな理論についてわかりやすく解説した本書は、現代経済学の最良の入門書でもある。インチキ政策に騙されて道を誤らないために、必読の一冊。

目次 : マジシャンを求めて/ 第1部 保守派経済学の台頭(ケインズへの攻撃/ 税制、規制、経済成長/ サプライ・サイダー)/ 第2部 保守派政権(経済成長/ 所得分配/ 財政赤字/ 海外における保守主義の動向)/ 第3部 振り子は戻る(長期的にはケインズ経済学はまだ健在である/ QWERTY経済学/ 戦略的貿易論者/ 生産性と競争力)

【著者紹介】
ポールクルーグマン : 1953年生まれ。マサチューセッツ工科大学(MIT)でPh.D.を取得。イェール大学、MIT、スタンフォード大学などで教鞭をとる。現在プリンストン大学教授。82〜83年、大統領経済諮問委員会委員。IMF、世銀、EC委員会のエコノミストも務める。91年、40歳以下の最も優れた経済学者に贈られるジョン・ベーツ・クラーク賞を受賞、2008年、ノーベル経済学賞を受賞した。著書多数

伊藤隆敏 : 1950年生まれ。現在、東京大学教授。Ph.D.

北村行伸 : 1956年生まれ。現在、一橋大学教授。D.Phil.

妹尾美起 : 1964年生まれ。現在、フリー翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ドクターK(仮) さん

    1970年代以降、アメリカの経済政策をめぐって経済学者たちがどのような学説を生み出し、どのように政府へ働きかけていったのかを描いている。フリードマンをはじめとするマネタリストの台頭やレーガン政権の登場以後、アメリカの経済政策はいわゆる保守派一色に染め上げられていたと思い込んでいたが、本書を読むと新しいケインズ派などの左派が健闘していた時期があったというのは意外だった。また、第9章のQWERTY経済学の解説は、経済学者クルーグマンの面目躍如ともいえる内容であり、非常に勉強になった。

  • せみ さん

    ええっ生産性が上昇する理由もよくわからないし、(80年代アメリカで)所得格差が拡大した理由も実際のところあまりよくわからないし、「国際競争力」なんてのもスペシャル・ナンセンスなのかい。「ケインズ主義は現実には基本的に正しいっす」。というのは「不況時に起こることが全体として正しく捉えられているから」。さまざまな問題への対策はないわけではないし有効に機能するのもあるけど、問題が一気に解決する魔法の杖みたいのはないのですなあ。とはいえ「生産性が上がりまくれば全部解決する」のだが、上がる理由がわからないんじゃね。

  • T.T さん

    良くも悪くもクルーグマンらしい、大胆で辛辣な筆致が印象的である。戦後の米国における保守派経済学とケインジアンの攻防を描くとともに、レーガン政権以降に台頭した「政策プロモーター」の存在に警鐘を鳴らす。学問的な裏付けに乏しい「わかりやすい」経済政策に政治家が飛び付くという、本書で批判された構図には強い既視感を覚えた。

  • スプリント さん

    読み進めるのに時間がかかりましたが内容は面白かったです。反オバマの姿勢を明確にしています。2014年時点の世界情勢と比較しながら読むと面白いです。

  • しんかい32 さん

    すばらしい経済の入門書。『クルーグマン教授の経済入門』の続編なんだけど、こっちから読んでも特に問題ないと思う。経済学の素人(ぼくとか)が陥りがちな勘違いをガシガシ正してくれる点は前著と同じだが、今度は70年代から90年代前半くらいまでのアメリカの経済政策をめぐる学者たちの論争がメイン。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト