仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492555552
ISBN 10 : 4492555552
フォーマット
出版社
発行年月
2006年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,236p

内容詳細

仕事の質とスピードを決めるのは「仮説」。仮説から始めれば、作業量は激減する。本書では、著者が20年間のコンサルティング経験の中で培ってきた、「仮説思考」の要諦を解説する。

【著者紹介】
内田和成 : ボストンコンサルティンググループシニア・ヴァイス・プレジデント、ディレクター。2000年6月から2004年12月まで日本代表を務める。東京大学工学部卒。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空株式会社を経て現在に至る。ハイテク、情報通信サービス、自動車業界を中心に、マーケティング戦略、新規事業戦略、中長期戦略、グローバル戦略等の策定・実行支援プロジェクトを数多く経験。2006年4月より早稲田大学商学学術教授就任予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 所沢 さん

    仮説とは、まだ証明はしていないが、最も答えに近いと思われる答えである。最初に仮説でストーリーを組み立てて間違いを修正するのが最も効率的である。仮説は検証で進化していく。反対側の視点で見て両極端にゼロベースで考える事が重要である。改めて身に付けたいと感じた。

  • ひろき さん

    Audiobookにて。仮説思考とは、課題形成や問題解決において、情報の少ない初期に「仮説」という当たりをつけて試すこと。対義は網羅思考。情報過多により実施が後手を踏む。本書の事例を聴いていると、仮説の質を高めるには、MECEにロジカルシンキング、5Pなどのフレームワーク、定量的な分析による検証力、そして仮説を客観的に評価し、誤っていた際に引き返せる公平性と忍耐力が、必要かと感じる。著者の他者説得に向けたストーリーラインや、個々の検証分析グラフを見ていると、仮説思考が地頭の鍛錬に繋がるのだと思う。

  • ともひろ さん

    社会人なら無意識のうちに仮説を立てて、検証を行っているのだろうけど、この本では具体的な事例を通して、無意識を、意識化させてると思う。非常に参考になった。

  • シン さん

    仮説=ゴール&目標とし、そこから逆算して仕事の段取り、スケジュールを考える。また、目標設定、根拠裏付けのための情報収集に時間をかけない。限りある時間を有効に。

  • HIRO1970 さん

    ☆☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品