ラヴクラフト全集 7 創元推理文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488523077
ISBN 10 : 4488523072
フォーマット
出版社
発行年月
2005年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,379p

内容詳細

二十世紀最後の怪奇小説作家H・P・ラヴクラフト。その全貌を明らかにする待望の全集は、ここに完結する。本巻には、栄華をきわめた都市の誕生から滅亡までを描く「サルナスの滅亡」、過去を探し求める男の遍歴「イラノンの探求」など十三編を収録。さらに巻末には初期作品五編、またラヴクラフトが書簡に書きとめた夢を抜粋した「夢書簡」を収めた。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    翻訳者の大瀧啓裕氏が区切りとして刊行された最終巻。「サルナスの滅亡」は残虐な殺戮でイブを滅亡させたサルナスの勃興と因果応報的な滅亡。滅亡の仕方に何故か、インマウスを連想して仕方ない。しかし、嘗て自分達が惨殺したモノ達の遺骸を捨てた湖で捕れた魚なんて食べるなよ・・・。「恐ろしい老人」や「木」、「月の湿原」、「霊廟」も怖い。「ファラオとともに幽閉されて」はエジプト人は怒らないかな・・・?「夢書簡」で差出人の豪華さに驚愕する以上にあの物語達の源が彼の夢にあったことが衝撃的だ。確かに日本でも同じのはあるけどさ。

  • Bugsy Malone さん

    全集最終巻。著者が他作品の中で 『この物質的でない人生がわたしたちの真の人生であって、水陸からなる球体におけるわたしたちのむなしい存在が、それ自体、二次的なものか、あるいは単なる仮象にすぎないのではないか』という夢に関する考察。巻末の「夢書簡」を読むと、ラヴクラフトは本気でそう思っていたのではないかと考えてしまう。この巻に納められている短編は勿論面白かったが、寧ろラヴクラフトの精神こそが一番興味深いと思える一冊だった。

  • KAZOO さん

    全集の最後の巻でこのほかに別巻上下があります。この巻にはどちらかというとクトゥルフがらみの話よりも幻想的なあるいは夢の中のような出来事が多く感じました。また初期の短篇もいくつかありますが、怪奇ものというよりも神話のような感じがしました。夢書簡というのが最後についていましたがこのような夢を見るのかなあという感じでした。

  • まつ子 さん

    ★★★☆☆ ラヴクラフト全集の最終巻で、初期作品や書きかけの資料、更に作者の見た夢についての書簡も入った、マニア向けの本である。 個人的には日本むかし話的な「木」や、単純明快な「霊廟」なんかが良かった。 初期作品も興味深いものが多く、一読の価値があったといえる。ただし、あくまでマニア向けの本なので全集のラストに読むのが正解だろう。

  • 愛の伝道師カロン@心配ですよっ さん

    「サルナスの滅亡」「ノラインの探究」「忌み嫌われる家」が良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品