ほとんど記憶のない女 白水Uブックス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784560071748
ISBN 10 : 4560071748
フォーマット
出版社
発行年月
2011年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
209p;18

内容詳細

「とても鋭い知性の持ち主だが、ほとんど記憶のない女がいた」わずか数行の超短篇から私小説・旅行記まで、「アメリカ小説界の静かな巨人」による知的で奇妙な51の傑作短篇集。


わずか数行の箴言・禅問答のような超短編から、寓話的なもの、詩やエッセイに近いもの、日記風の断章、さらに私小説、旅行記にいたるまで、多彩で驚きに満ちた〈異形の物語〉全51編。「アメリカ小説界の静かな巨人」によるひねくれた独特のユーモアは、一度読んだらクセになる。


十三人めの女/ほとんど記憶のない女/フーコーとエンピツ/大学教師/肉と夫/地方に住む妻1/私たちの優しさ/サン・マルタン/認める/認めない/ロイストン卿の旅/この状態/出ていけ/ノックリー氏/たいていの場合彼が正しい/自分の気分/グレン・グールド/裏のアパート/混乱の実例/オートバイ忍耐レース 他全51編


異形の物語
「とても鋭い知性の持ち主だが、ほとんど記憶のない女がいた」
わずか数行の箴言・禅問答のような超短編から、寓話的なもの、詩やエッセイに近いもの、日記風の断章、さらに私小説、旅行記にいたるまで、多彩で驚きに満ちた〈異形の物語〉を収めた傑作短編集。カウボーイとの結婚を夢みている自分を妄想する「大学教師」、自分の料理を気に入らない夫の好みを記憶を辿りながら細かく分析していく「肉と夫」、思考する〈私〉の意識とメモをとる〈私〉の行為を、まったく主語のない無機質な文体で描く「フーコーとエンピツ」他、全五十一編を収録。「アメリカ小説界の静かな巨人」デイヴィスの、目眩を引き起こすような思考の迷路や言葉のリズム、また独特のひねくれたユーモアは、一度知ったらクセになる。


リディア・デイヴィス Lydia Davis
1947年マサチューセッツ州生まれ。ニューヨーク州在住。
著書に『話の終わり』(作品社)、Break It Down(1986)、Samuel Johnson IsIndignant(2002)、Varieties of Disturbance(2007、白水社より刊行予定)など。ビュトール、ブランショ、レリスなどフランス文学の翻訳家としても知られ、プルースト『失われた時を求めて』第一巻『スワン家の方へ』の新訳の功績により、2003年にフランス政府から芸術文化勲章シュヴァリエを授与された。また2010年にはフロベール『ボヴァリー夫人』の新訳を5年がかりで完成させた。


訳者:岸本佐知子(きしもと さちこ)
1960年生まれ。上智大学文学部英文学科卒。翻訳家。
訳書に、N・ベイカー『中二階』『もしもし』『ノリーのおわらない物語』、S・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス』、J・ウィンターソン『さくらんぼの性は』『灯台守の話』、T・ジョーンズ『拳闘士の休息』、M・ジュライ『いちばんここに似合う人』、L・デイヴィス『話の終わり』他。編訳書に『変愛小説集』『変愛小説集 II』。また著書に『気になる部分』、『ねにもつタイプ』(講談社エッセイ賞)がある。




【著者紹介】
リディア・デイヴィス : 1947年マサチューセッツ州生まれ。ニューヨーク州在住。ビュトール、ブランショ、レリスなどフランス文学の翻訳家としても知られ、プルースト『失われた時を求めて』第一巻『スワン家の方へ』の新訳の功績により、2003年にフランス政府から芸術文化勲章シュヴァリエを授与された。また2010年にはフロベール『ボヴァリー夫人』の新訳を5年がかりで完成させた

岸本佐知子 : 1960年生まれ。上智大学文学部英文学科卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 14番目の月 さん

    このような面白い本を読むと訳者の素晴らしさを痛感する。 と共に原作ではどのようになっているのだろうととても興味がわく(実際読めないのだけれど)。 どの短編も奇妙な思考と、言い回しによるおかしみの世界。 言葉遊びのようでありながら実は人生の本質を語っているのではないだろうか。 表題作「ほとんど記憶のない女」の女、メモを取り、過去のメモを見ながらメモを取る私はもしかしたら私であるかも。 図書館で借りたけれどこれは手元においておきたい一冊。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    一人である孤独と解放感、親切にする人に対する嬉しさと一抹のうっとおしさ、家族に植え付けられた怒りと無神経の蓄積に対する憎悪と無理解と諦めとそれでも依存してしまうという言葉にならなかったことが細やかに表現されています。心の襞に内包している蟠りなどを的確に切り取る辻村深月さんに近い作家さんだと思いました。最後が「共感」と言う物語で終わっている構成が上手いです。

  • 長谷川透 さん

    51篇の短篇が収められているが、ほとんどが2、3頁のもので、数行の掌篇もかなり多い。20頁以上のものもあるがほんの数篇だ。個人的には数行程度で終わる掌篇が殊によいと感じた。簡潔で平易、容易く読み切れてしまう。ふむ、と思う。ところが、その刹那、何かじれったさが頭をよぎる。掴めたと思った瞬間に逃がしてしまう時に感じるのと同じ、じれったさだ。しかし、じれったさは時に不安へ変わるかもしれない。何となく感じる不気味さを自分で言語化できないゆえか。ひねくれた独特のユーモアはクセになると裏表紙にあるが、まさにその通り。

  • mm さん

    感想が書きにくい読書体験。イメージが喚起されたり、鋭い切り込みにハッとしたり、ちょっとした言い回しに感心したり…決して読みにくいわけではないのだが、ガッチリ掴んだ気にならない。思わず読み返して見れば、確かに内容は頭の中に残っているのに…作中の誰かに感情移入して物語の中に取り込まれるみたいな読み方はできなかった。作者と文と私と文中人物と時々視線を交わしながら進むんだけど、目は合わなくて気配を手探りしてるみたいな感じ?でも、クールでカッコ良さは最大級でした。フーコーのどんな文が読みにくいかだけは共感したけど。

  • たまご さん

    エッセイのような,私小説のような,紀行文のような,哲学のような.表現的にはさまざまだけれど,でもどれも悩み尽くしている,でも当事者なのにどこか客観的な作者の視点が,統一感をもたらしているように感じます.繊細で知的で,おそらく完璧主義で悲観的な作者.そんな作者の,その出来事が起きた時の,感情というより思考の変遷が語られる. 世の中は,思考に満ちている.

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品