CD 輸入盤

Live

Bob Marley (ボブ・マーリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
548896
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1975
フォーマット
:
CD
その他
:
スタジオレコーディング, リマスター, 全曲盤,輸入盤

商品説明

ボブ・マーリィがヨーロパを中心にワールド・ワイドに人気が出だした頃この“ライヴ!”で一気にスターダムにのし上げたといわれる1枚。オリジナルのリリースは1975年12月5日、アイランドよりリリースされたもので録音は’75年7月18日今は無きロンドンのライシアム・シアター。本作ではライヴを忠実に再現されたものとして、ファンの間でも評価の高い作品であるがボブのMCは収録されておらず、最初にトニー・T・ギャレットのMCがあるのみ、そして参加ミュージシャンのクレジットにはアイ・スリーの名はあるが ジュディー・モワットはツアーに不参加である。

※こちらはオリジナル・アルバムのリマスター盤です。ボーナス・トラックとしてアルバムのラストに“Kinky Reggae”を収録。

収録曲   

  • 01. Trenchtown Rock
  • 02. Burnin' & Lootin'
  • 03. Them Belly Full (But We Hungry)
  • 04. Lively Up Yourself
  • 05. "No Woman, No Cry"
  • 06. I Shot The Sheriff
  • 07. "Get Up, Stand Up"
  • 08. Kinky Reggae (Bonus Track)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まさにキングの咆哮! 今だからこそを若者...

投稿日:2009/03/11 (水)

まさにキングの咆哮! 今だからこそを若者たちに聴いてほしい。これは「レゲエキング」の普遍的なメッセージだ。彼の歌は労働に疲れ、権力に踏みつけられてきたものたちの怒りを代弁した怒りの咆哮である。現代の”プレカリアート”よ 今こそ”目覚め立ち上がるのだ” (Get up ,stand up!Don’t give up the fight!)今の東京、大阪などの大都会の若者がおかれている状況は、まさに75年当時のジャマイカのそれと酷似している。これは今の歌なのだ!

aki さん | tokorozawa | 不明

1
★
★
★
★
★
何歳になってもこのライブは永遠の新鮮さを...

投稿日:2009/02/13 (金)

何歳になってもこのライブは永遠の新鮮さを保っているように聞こえる

ビートルマニア さん | 新潟 | 不明

0
★
★
★
★
★
ボブのライブはヨーロッパが多い、レコード会社がイギ...

投稿日:2006/09/14 (木)

ボブのライブはヨーロッパが多い、レコード会社がイギリスの為もあるが、彼等の主張はアフリカの復権や主張だ、ライブの最後には・異教徒・を持ってくるのも又ヨーロッパがアフリカにより近い事もある。政治により近いレゲエを創造した!

21ヒッピーズ さん | 福島県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bob Marley

友人であるBunny Wailer(バニー・ウェイラー)、Peter Tosh(ピーター・トッシュ)、ジュニア・ブレスウェイトという若者も参加し、グループ名をWailers(ウェイラーズ)とした。当時ウェイラーズはスリムなパンツ・スーツといった当時の流行りであるアメリカン・ヴォーカル・グループの様なコスチュームにて活躍していたのである

プロフィール詳細へ

Bob Marleyに関連するトピックス

レゲエ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト