CD

Turn Blue

Black Keys (ブラック・キーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR15735
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

衝動的な荒々しさと緻密な繊細さが生み出す、時代を揺さぶるオールタイム・ロック!
全世界が注目する2人組:ザ・ブラック・キーズが放つ最新作!

★このかっこよさを全米だけのものにしておくのはもったいない! ギター&ドラムという変則編成でありながら、ハード・ドライヴィングなロック・サウンドをかき鳴らす、現代ロックンロール・シーンの中核に存在するザ・ブラック・キーズによる最新作、遂に降臨!

★ロックの持つ衝動的な荒々しさを持ちながら、緻密に計算された繊細さすら感じさせるサウンドで、圧倒的な支持を得る、ダン・オーバックとパトリック・カーニーからなるこの二人組。前作『エル・カミーノ』、前々作『ブラザーズ』共にグラミー賞3において3部門を受賞、全米ではプラチナム・ディスクを獲得するという記録を打ち立てているこのザ・ブラック・キーズは、まさに時を超えたロックの輝きをまばゆいばかりに発揮する、時代を揺さぶるロックンロール・バンドなのだ。

★3月24日(月)に突如公開された、グルーヴ感溢れるシングル曲「フィーヴァー」を聴けば、アルバム『エル・カミーノ』発表後のおびただしい数のツアーや、メンバー二人が様々なアーティストのプロデュースを行ってきたことで、そのローファイで衝動的な爆発力に繊細さにあふれるサウンドを織り重ねていく、という彼らの最大の魅力により磨きがかけられていることがわかるだろう。これこそ現代ロックンロール・シーンにおける最高のマスターピースとなるのだ!

★アルバム・タイトル『ターン・ブルー』は、60年代に放送されていたホラー番組、Ghoulardiのキャッチフレーズを元につけられたという。この言葉をアルバム・タイトルに冠した彼らは、今作でクラシック・ホラー・ムーヴィの持つあの異質で怪異な世界観をザ・ブラック・キーズ的に表現した、ともいえるだろう。陰気でありながらどこかコメディ的なタッチも感じさせる世界観が、彼らの繊細なサウンド・ワークとローファイな衝動的ロックンロールでどう表現されるのか…、全世界が注目するこの最新作に、期待は膨らむばかりだ。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

米オハイオ州で結成された2人組ロック・バンド、ザ・ブラック・キーズのアルバム。ベースレスという異色の編成から繰り出される、シンプルかつローファイなロック・ナンバーが満載。シングル曲「フィーヴァー」ほかを収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Black Keys

01年に米オハイオ州のアクロンにてパトリック・カーニー(Dr) ダン・オーバック(Vo、G)で結成したロック・バンド。ガレージテイストのローファイなサウンドを特徴とする。02年にアルバム・デビューし、これまでに8枚のアルバムをリリース。10年に発表した6作目『ブラザーズ』が全米チャート初登場3位(ゴールド・・・

プロフィール詳細へ

Black Keysに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品