SHM-CD

Gradually Going Tornado

Bill Bruford (ビル・ブルーフォード)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BELLE203305
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
紙ジャケ, 1ボーナストラック, リマスター

内容詳細

元イエス、キング・クリムゾンのドラマー、ビル・ブルーフォードが結成したバンドの1980年発表の最終作。ジェフ・バーリン(b)によるヴォーカル曲やアマンダ・パーソンズら参加のスタイリッシュな曲も交え、ブルーフォードの才能が光る意欲作となった。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
1stは好きですがこのボーカルが耐えられ...

投稿日:2006/08/08 (火)

1stは好きですがこのボーカルが耐えられず残念です。 演奏が聴けないくらいでインストにしてほしかった。

なべっち さん | 恵比寿 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
奥に引っ込んだビル、前面に出たジェフ、こ...

投稿日:2004/12/22 (水)

奥に引っ込んだビル、前面に出たジェフ、これはまるでWEATHER REPORTだ。いやそれ以上かもしれない。でもジョン・クラークはストレート過ぎる。ジェフは前作ではスタンリー・クラークばり、本作ではジャコ・パストリアスなみのテクを聞かせる。おまけで歌まで。トリオならもっと、おもしろかったかも。

とっど大好き さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
どのグループもアランが抜けるとアラン系gu...

投稿日:2004/03/27 (土)

どのグループもアランが抜けるとアラン系guitarが必ず来る。ジョンもそうではあるが、音の飛び具合はちょいと厳しいですね。その分ちゃんとジェフのベースがフルカバーでこの方は普段4本弦でしかも普段2本指でアレだけ弾かれる訳で凄過ぎテクですよね。

allan-poo さん | Saitama | 不明

0

Bill Brufordに関連するトピックス

おすすめの商品