Blu-spec CD

Amok

Atoms For Peace (アトムス・フォー・ピース)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HSE60150
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD

商品説明

レディオヘッドのフロントマン、トム・ヨークを中心に、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー、そしてレディオヘッドやベックの作品のプロデューサーとして知られるナイジェル・ゴドリッチらによって結成された、スーパー・バンド、アトムス・フォー・ピース。 11月にデビュー・シングル『デフォルト』をリリースし、世界中のロック・ファンがその動向に注目していましたが、ついに待望のデビュー・アルバムの詳細が発表!日本は全世界に先駆け、2013年2月20日(水)先行リリースとなります!

内容詳細

トム・ヨークの『ジ・イレイザー』に端を発する“スーパー・グループ”による初作だが、何より耳を惹くのは、レディオヘッドでも見え隠れしていたポリリズム志向。トム・ヨーク、けっこうなアフリカ音楽ファンと見た。ダブ的な音像を含め、このチームならではのリズムへの希求/着想が新鮮。★(真)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
キングオブリムズが完全に期待外れだったの...

投稿日:2014/03/02 (日)

キングオブリムズが完全に期待外れだったのでこれもどうかと思っていたが、シンプルな編成故変な抽象性が無くなり、エレクトロニカなプログラミングとアコースティックなパーカッションとベースが巧く有機的に絡み合い、結果優れたアンビエントミュージックが持つ具現性とフリーらの肉体性を併せ持ったかなり聴き応えのある内容になった。ただ、フリーでなければならなかったのかはアルバムを聴く限りでは不明で、そこはライブで実際に観て感じ取るしかないだろう。レディへもそうだが、ロックバンドはライブで経験しないと全体像が掴めない。

いやみなぶらいあん さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
レディオヘッドのトム・ヨークとレッチリの...

投稿日:2013/08/14 (水)

レディオヘッドのトム・ヨークとレッチリのフリーを中心になったバンド。トムのユラユラと漂う捉え所のない歌声、その静寂の中にフリーのベースがしっかりとした時を刻む。神々しいこの音楽は、山々に囲まれたフジロックのステージで浸りながら聞いてみたい

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
’13年発表。すさまじくハイレベル。もともとはトム...

投稿日:2013/02/24 (日)

’13年発表。すさまじくハイレベル。もともとはトムのソロ作『ジ・イレイザー』(06年)をライブ演奏するために結成されたグループだが(3年前のフジロックにも出演)、この初アルバムでは、そこからフィジカルに進化させた音の粋をさらに機械音を混ぜ込んで還元/構築する作業を経ているようで、その深みはとてもサイド・プロジェクトとは思えない。そして、非常にエポックな作品である。 トムがPCで編み出した出発点にはダブステップをはじめとした音があったが、本作でそれはアフロ/ファンク的な律動を得て、黒くて微細なビートが駆け巡っている。これにはロケット・ジュース&ザ・ムーン経由でフリーが持ち込んだ要素もあるはず。そのリズムの多層性にはジャーマン・ロック臭もあり、これらが有機的に融合した苛烈で豊潤な音像がエクスタシーを導く。レディオヘッドでは切り開くことができない境地だろう。 なおバンド名の「平和のための原子力」は、核エネルギーを推進する勢力がかつて唱えたお題目。反核の意志を持つトムの入り組んだ感情が込められているようだ。

madman さん | 不明 | 不明

3

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品