CD 輸入盤

Intensity

Art Pepper (アート・ペッパー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
387
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Canada
オリジナル盤発売年
:
1960
フォーマット
:
CD

商品説明

 コンテンポラリー・レーベルに吹きこまれたアート・ペッパーの作品の中では比較的地味なアルバムだが西海岸で活躍するドロ・コカーを初めとするリズム・セクションを従えたコンテンポラリー最後の60年代の録音で、よい意味でも悪い意味でも伸び伸びした普段着のペッパーが聴ける作品。
 自分の思いと指の動きが一緒にならないもどかしさは多くのジャイアンツたちに共通に起きた悲劇だった。しかし、魂を搾り出しながら奏でる鬼気迫るソロもまたジャズの醍醐味
 短い「休養期間」を余儀なくされる直前のペッパー最後の勇姿を捉えた輝かしい作品だ。

収録曲   

  • 01. I Can't Believe That You're In Love With Me (04:26)
  • 02. I Love You (05:26)
  • 03. Come Rain or Come Shine (04:48)
  • 04. Long Ago (and Far Away) (04:24)
  • 05. Gone With the Wind (05:52)
  • 06. I Wished On the Moon (04:58)
  • 07. Too Close For Comfort (06:46)
  • 08. Five Points

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1960年11月23日25日の録音でアート・ペッパ...

投稿日:2013/07/22 (月)

1960年11月23日25日の録音でアート・ペッパーの苦悩の逸品。浅く聴けば浅く聴ける、深く聴けば深く聴ける変幻自在な一枚。共演者はピアノがドロ・コッカー、ジベースがミー・ボンド、ドラムがフランク・バトラー。自分でやりたいことがあってっも、満足に表現できないもどかしさから薬物に染まったアート・ペッパー。天才だけが味わえる一瞬の天国と地獄。演奏は悲しくて泣いているペーパーが亡霊のように演奏していて涙を誘う。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

0

Art Pepperに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品