CD 輸入盤

Curious Thing

Amy Macdonald (エイミー・マクドナルド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2733602
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
デラックスエディション,輸入盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Don't Tell Me That It's Over
  • 02. Spark
  • 03. I Got No Roots
  • 04. Love Love
  • 05. An Ordinary Life
  • 06. Give It All Up
  • 07. My Only One
  • 08. This Pretty Face
  • 09. Troubled Soul
  • 10. Next Big Thing
  • 11. Your Time Will Come
  • 12. What Happiness Means To Me
  • 13. Dancing In The Dark (Live In Philadelphia)

ディスク   2

-Live At Barrowland Ballroom December 2007-

  • 01. Poison Prince
  • 02. The Youth Of Today
  • 03. LA
  • 04. Footballer's Wife
  • 05. Mr Rock & Roll
  • 06. Mr Brightside
  • 07. The Road To Home
  • 08. This Is The Life
  • 09. Run
  • 10. Rock N Roll Star
  • 11. Let's Start A Band
  • 12. Caladonia
  • 13. Fairytail Of New York
  • 14. Barrowland Ballroom

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
デビュー作This is the lifeで瞬く間にスタ...

投稿日:2020/11/25 (水)

デビュー作This is the lifeで瞬く間にスターダムを駆け上がったエイミ・ーマクドナルドのセカンド・アルバム。 前作も素晴らしい楽曲が詰め込まれた傑作であったが、その才能はまだほんの一部しか見せていなかったのかもしれないと思えるほど、今度も期待に違わぬアルバムをリリースしてくれた。 真っ先にシングルカットされたDon’t Tell Me That It’s OverやSparkは、前作からの踏襲を感じさせつつも、質は相変わらず高く、ファンが待ち望んでいた彼女の姿が感じられたはず。 とはいえ、今作でのメインとなる楽曲は間違いなくLove Loveであろう。 今作群の中でよりテンポを増したイントロから始まり、ドラマチックに展開していく上、タイトルのようなラブソングではなく、愛の概念や存在について歌っているところは哲学的素養も伺わせる。 これだけの実力派かつ日本盤も出していながら、未だに来日公演が実現していない点は残念で仕方がない。

サニーデイズ さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Amy Macdonald

スコットランド中部にあるイースト・ダンバートンシャイアの都市、ビショップブリッグス出身の1987年8月25日生まれ、女性としてはかなり低く特徴的な声=コントラルト(テナーとメゾソプラノ)との間の持ち主。15歳でアコースティック・ギグのステージでパフォーマンスをスタート。Travis、The Killers、Pete Doherty・・

プロフィール詳細へ

おすすめの商品