Alex Cuba

Alex Cuba | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

1件

すべてのユーザーレビューを見る(1件)

  • 総括:全12曲計45分の心地よい時間を与えてくれるラテ...

    投稿日:2020/01/12

    総括:全12曲計45分の心地よい時間を与えてくれるラテンフォーク系中心の至高のサウンドが詰まった楽曲アルバム「Sublime」 去年2019年9月に、NPRのAlt.Latinoの 「Music For Fall: Dayme Arocena, Devandra Banhart And Alex Cuba」 という放送回で、 このAlex CubaとCubaのレジェンドシンガーソングライターPablo Milanes のデュエット曲「Hoy Como Ayer」 が紹介されているのを聴いて、心に響く美しいハーモニーの曲だな、 と印象に残ったんだけど、 年が明けてから、ふと思い出して、 それが収録された昨秋発売のこのアルバム「Sublime」 を入手。 で、お目当ての曲「Hoy Como Ayer」は、 アルバムを締め括る最後の12曲目で…先ずはそれを聴くと、 やはり 「Sublime」というアルバム名が意味する、崇高な雰囲気、至高のサウンド …っていう、そんな大袈裟な表現に、 名前負けしてない美しい至高の1曲だな、と改めて思ったり。 で、 1曲目から順番に聴くと、 1曲目「Yo No Se」は、「Hoy Como Ayer」とは全然違った毛色の、 ノリノリなJazzPop調が心地いい印象… 相対的にゆっくりなJazzベイス音を基調に、 歌詞リズムは畳み掛けるような16ビート系、 その他ラテンパーカッションのサウンド等が何種類か折り重なって… みたいな…聴いていて、適度にテンションが上がる、 掴みはOK!的な、心地よく駆け抜ける系な2分半、な収録曲第1曲目… で、2曲目「Cantando de Alegria」は、 出だしは落ち着いた感じのギター音が基調だけど、 途中からラテンのパーカッションリズムが合わさってきて、 一気に華やかな幸せな雰囲気が溢れだす印象… って感じで、 ラテン音楽要素が多めの曲、 少なめまたはシンプルな洗練さを究極的に昇華させた系の曲、 と色々とバリエーションがあって楽しめ、 でも全体的に共通しているのは、 歌声も楽器演奏部分も、聴いていて、心地いいサウンド、 ってことに、結局は、なるのかな、と。 で、「Hoy Como Ayer」はPablo Milanesと一緒に歌ってるけれど、 他にも何曲か、 Cubaのmusicianやメキシコやドミニカ共和国のシンガーソングライターとコラボしてる曲が収録されていて、 その中でも、 10曲目「Y Si Manana」は、Cubaのレジェンド歌手でdancerのOmara Portuondo とデュエットしていて、最初、何も知らずに聴いていたんで、 歌声を聴いて、おぉ!と驚いたり、 そういうレジェンドmusicianとコラボしつつ、 一方で新鋭の若いmusicianともコラボしてる曲があったり、 そんな部分も含めて、色々と興味深く聴けて、 この全12曲計45分の心地よい時間を与えてくれるラテンフォーク系中心の楽曲アルバム、 今後も繰り返し何度も何度も楽しめそうで、入手した甲斐があった、 と満足しています。

    ♂猫Junn-Junn さん |40代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、Alex Cubaのチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%