CD

Mutation

AHEAD Q (アヘッド・キュー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKR1701
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

都会的な響きから叙情的なサウンドまで、テナーとギターとピアノの心地よい
フュージョンサウンドが広がる。関西を本拠地として自己のバンドで
全国ツアーを行っているピアニスト・コンポーザー金谷こうすけの6枚目のアルバム。


関西を本拠地として自己のバンドで全国ツアーを行っているピアニスト・コンポーザー金谷こうすけの6枚目のアルバム。クラシックとジャズ、ポピュラーを中心に演奏していた金谷こうすけが、ストーリーと思いを込めた楽曲で、より自然にありのままを大切に表現するために新バンド「アヘッド キュー」を結成。アルバムは壮大な熱いパワーの#1から、雄大な大地を見渡すような#2、繊細なピアノから始まり賑やかな街の風景を感じる#3、リゾート感あふれるリラックスした#4、ゆったりとした自然に身をまかせる#5、人と車の行き交う都会の#6、エンディングにふさわしい落ち着いた雰囲気の#7まで大きなストーリーを描いている。AHEAD Qはドラムとベースをはじめ、暖かく地に着いた柔らかなトーンのテナーサックスと幅広い感性でサウンドの要所を押さえるギター、曲全体のイメージを締めくくるピアノによって一丸となり、大きな自然を感じさせてくれる金谷こうすけの音楽を作り上げている。 作曲は#4の芳野藤丸のSummer Songを除いてすべて金谷こうすけのオリジナル。(販売元情報)

AHEAD Q
Keyboard 金谷 こうすけ
Electric Bass 石井 孝宏
Drums 村上 友
Guitar 井野 アキヲ
Tenor Saxophone 稲屋 浩

【金谷こうすけ プロフィール】
荒崎英一郎氏に師事、深町純氏に薫陶を受ける。大学在学時よりプロ活動開始する。
新ジャンルの音楽創造に意欲的であり、主に、ジャズとクラシックを融合させた壮大なオリジナル曲を中心とするコンサートを行っている。ドイツ・オーストリアへの留学後、阪神淡路大震災の被災経験から、全四楽章からなるシンフォニー「震災組曲〜フェニックス〜」を上梓。2015年にアルバム「Phoenix」をリリース。その後「ソロ」シリーズに本腰を入れ、ベーゼンドルファー225、第二弾はヤマハC7、ハンブルクスタインウエイを使用し、ジャズスタンダードアレンジ、オリジナル曲、そしてその演奏に高い評価を得る。2016年にソロアルバム「Lyricism」をリリース。和太鼓松村組、二代目高橋竹山とのコラボレーションにも取り組む。作曲家としてはJAZZ・J-POPから演歌まで幅広く、『勇気をだして』(ダイナマイトしゃかりきサーカス)、さくらFM開局15周年記念ソング『銀色の波』(DiceK)、『NADA』への『ギフト』等を制作。震災支援の活動にも精力的で、定禅寺ストリートジャズフェスティバル(仙台)、「東北・阪神『虹と絆』コンサート」(仙台・南三陸)などに出演。東北のアーティストとの交流も盛んである。また、DJ として、さくらFMの番組『金谷こうすけのJazzySquare』を14年間務めている。プロデューサーとしては、大阪万博公園での「エキスポジャズフェスティバル」、「西宮音楽街道」をはじめ数々の音楽イベントを手がけ、成功に導く。音楽教育の分野では、ピアニストとシンガーの育成に心血を注いでいて、プロへ多くのミュージシャンを輩出している。(販売元情報)

内容詳細

関西を拠点に活躍するピアニストの第6弾。歌心あふれるサックス、しなやかなギター、多彩な表現力を備えたキーボードを核に、カラフルな極上フュージョンを提供。新旧の実力派たちの緻密でタイトなアンサンブルとハートフルなメロディが、ひたすら心地よい。(Y)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品