A・e・ヴァン・ヴォークト

人物・団体ページへ

宇宙船ビーグル号の冒険 創元SF文庫

A・e・ヴァン・ヴォークト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488609177
ISBN 10 : 4488609171
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
追加情報
:
352p;15

内容詳細

巨大宇宙船ビーグル号は科学者と軍人1000人を乗せ、無窮の宇宙の探索に出発した。だが行く手には、人類の想像を超えた恐るべき怪物たちが待ち構えていた。荒廃した惑星を彷徨する凶暴で狡知にたけた猫型生命ケアル、幻影で精神攻撃してくるリーム人、宇宙空間で棲息可能なイクストル。彼らを相手に人類は科学の粋を集めて死闘を展開する。オールタイム・ベスト級の傑作宇宙SF。

【著者紹介】
A・E・ヴァン・ヴォークト : 1912年にカナダ・マニトバ州生まれ。39年に短編「黒い破壊者」でデビュー。一躍人気作家となり、P・K・ディックら後進に多大な影響を及ぼした。95年にアメリカSFファンタジー作家協会(SFWA)からグランド・マスター賞を贈られ、96年のワールドコンでは特別賞を授与された。2000年没。12年には生地カナダで、その名を冠したA・E・ヴァン・ヴォークト賞が創設された

沼沢洽治 : 1932年東京生まれ。東京大学文学部英文科卒。2007年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やすお さん

    スタートレックを彷彿とする宇宙探検物語。地球外惑星で異形のモンスターと出会い、ビーグル号の乗組員に犠牲を出しながらも怪物を退治する。宇宙空間で生きられる生物も登場し、ドキドキさせる世界は良い。ただし、このような世界観は今となっては少し古めかしく感じる。難しく考えずに素直に読んで楽しむ作品だろう。子供にも楽しんで欲しい。

  • ふぃすか さん

    新版が出たので買ってみる。これは正解! 今まで読んだヴォークト作品の中で一番キャッチーだった。来襲する生命体の思考がなぞられるのがおもしろい。ケアルがちょっとかわいそうになってしまった。エサになってやる義理はないけどさ。最初は全く相手にされてなかったグローブナーさんが頭角をあらわしていくのをよしよし…と眺めていたのですが、最後、(必要なこととはいえ)自分の意見を通すのにあそこまでやってくるとは思わなかった。どうしてなかなか強かな人でした。自分自身も手駒かぁ。

  • へ〜ジック さん

    人類社会の縮図を乗せて宇宙探険船ビーグル号は進む。そこにあるのは我々の知るヒューマニズム=友愛、博愛、多様性の尊重ではない。あるのは友情、仲間や人類への忠誠、好奇心、利己心、権力欲、勇気、暴力性。良い物、悪いもの、悪から転じて良いものになったもの。ありとあらゆる人間の縮図を包含し、ビーグル号は進む。

  • Myrmidon さん

    お気楽SF。科学考証はテキトーだが、人間と怪物の視点が交互に描かれ、バトル物小説としての勢いで読ませる。人間同士のショボい権力闘争も物語を複線的にしていて、飽きさせない。主人公が最強過ぎるんだが、はじめは大して活躍しない(もともと短編小説だったもののリライトで、もとは主人公なんかいなかったんだから活躍しないのは当たり前)のも、結果的には良いバランスになっていると思う。解説にあった、『シートン動物記』の影響というのは「なるほど!」という気持ち。

  • イカクジラ さん

    宇宙船に満載された科学者一味と対決する宇宙生物さんサイドの視点の存在。これは特色だ。もし『エイリアン』においてこの人間とかいう虚弱な二本足連中どうしてくれようかな?直ちに殺そうかな?あ、幼生を寄生させちゃおうかしら?どうかしら?とかなんとかゼノモーフは思いました描写があったら恐怖は台無しだ。いっちょビビらせてやるぜ的意識は、だから、作者に薄い。なんなら怪物には愛嬌すらある。とりわけネコ型生命体ケアルなどもはや可憐である。まったくなんたらむごい所業をなすのであろうか、この人間とかいう種族は。度し難いにゃ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品