CD 輸入盤

ストコフスキー/1955年SWRライヴ録音集(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
94204
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

巨匠お得意の演目チャイコフスキーの第5番
ミヨー、ブラッハーにエックの貴重な音源の数々
正規初CD化、ストコフスキーの1955年SWRライヴ録音集

「トッカータとフーガ」などJ.S.バッハのオルガン曲をフルオケ用へと大胆にアレンジしたり、オリジナル作品の改変がしばしば賛否を巻き起こしたりと、きわめて個性的な音楽活動から「オケの魔術師」の異名をとる巨匠ストコフスキー(1882−1977)。ここに登場するのは、アメリカでの活躍の印象が強かった時期の1955年に、南西ドイツ放送響とシュトゥットガルト放送響とに客演した際のライヴ。ブラッハーとエックを除いて、すべてかねてより知られるものですが、SWRアーカイヴの正規音源使用で格段に向上した音質でのリリースは広く喜ばれるところでしょう。ダイナミックな音楽運びで得意としたチャイコ5番はもちろん、当時人気のあった同時代の作曲家ブラッハーやエックの作品を取り上げているのも注目されます。ちなみにエックの作品はラモーにもとづく内容ですが、ドイツ風に重厚なサウンドに大きく様変わり。全篇、音楽を面白く楽しく聴かせる稀代のエンターテイナーの面目躍如たる内容となっています。(輸入元情報)

【収録情報】
[CD1]
・ブラッハー:パガニーニの主題による変奏曲Op.26
・プロコフィエフ:バレエ「ロメオとジュリエット」組曲〜ジュリエット
・プロコフィエフ:バレエ「ロメオとジュリエット」組曲〜ジュリエットの死
・プロコフィエフ:バレエ「ロメオとジュリエット」組曲〜ジュリエットの墓の前のロメオ
・ミヨー:打楽器と小管弦楽のための協奏曲Op.109
・エック:フランス組曲(大管弦楽のための)
 SWR南西ドイツ放送交響楽団
 録音:1955年6月6日、ライヴ(ブラッハー)
    1955年5月15日、ライヴ(プロコフィエフ、ミヨー、エック)

[CD2]
@ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死
Aムソルグスキー:「ホヴァンシチナ」より第4幕への前奏曲
Bチャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調Op.64
 SWRシュトゥットガルト放送交響楽団
 録音:1955年5月20日シュトゥットガルト=デゲルロッホ、ヴァルトハイムでのライヴ
 レオポルド・ストコフスキー(指)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. JULIAS TODD
  • 02. ROMEOS UND JULIAS GRAB
  • 03. 9. TEMPO 1
  • 04. 11. ALLEGRETTO
  • 05. 12. VARIATION
  • 06. 10. ANDANTE
  • 07. 14. TEMPO 1
  • 08. 15. VARIATION
  • 09. 16. PRESTISSIMO
  • 10. JULIA
  • 11. 13. UN POCO MENO

ディスク   2

  • 01. ANDANTE CANTABILE CON ALCUNA LICENZA

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ストコフスキーはたまに珍しい曲を取り上げ...

投稿日:2017/06/21 (水)

ストコフスキーはたまに珍しい曲を取り上げるのですが、ブラッハーとエックそしてミヨーを演奏していたとは嬉しい録音です。ブラッハーのヴァリエーションは日本人に受ける名曲だと思っています。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

3
★
★
★
★
★
トリスタン、チャイコフスキーは、特筆すべ...

投稿日:2010/03/17 (水)

トリスタン、チャイコフスキーは、特筆すべき美しさです。CD2に収められた現代音楽も、聴いていて楽しいものばかりです。現代音楽の初演に積極的であった指揮者と、放送交響楽団の組み合わせらしい、秀逸な演奏になっております。録音も満足できるレベルです。

slave さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
ストコフスキーは「トリスタン」の音楽はか...

投稿日:2009/07/15 (水)

ストコフスキーは「トリスタン」の音楽はかなり録音していますが、標準的な「前奏曲と愛の死」という形での録音は意外と少ないのです。その点このCDはライブということもあって結構マニアには貴重(笑)。 ブラッハーやエックの曲は、さすがのストコフスキーで聴いてもそんなにおもしろいとは思わなかったです。 チャイコフスキーの5番は、何度か発売されている演奏です。後の有名なDeccaのNewPOとの編曲!!の違いを楽しむのが、風流というものです(笑)。最大の違いは1楽章の第一主題の後半を、8分の5拍子!にしてしまっているところです!!! 現代音楽好きのストコフスキー。ワーグナーやムソルグスキーの濃厚ロマンティックなストコフスキー。そして得意のチャイ5でやりまくりのストコフスキー! ストコフスキーワールド満載のファンにはたまらない1組です。 録音はモノラルながらいい音です。

フランツ さん | 宮崎県 | 不明

6

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト