CD 輸入盤

『デ・プロフンディス〜深き淵より』 クレーメル&クレメラータ・バルティカ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7559.79969
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

クレーメル/デ・プロフンディス(深き淵より)

クレーメルならではのコンセプト・アルバム、テーマは「深き淵より」。選曲はシューマンから現代作品、マイケル・ナイマン、ピアソラまで多岐にわたり、クレーメル独特のクールな美しさが追求されています。

【ミハイル・ホドルコフスキーらに捧ぐ】
「深き淵より」という重い言葉が意味するものは、大きな力によって自由を奪われ、発言することすらかなわず、命の危険にもさらされているという人々、つまりロシアなどで今なお人権迫害を受けている被害者たちのことです。
 クレーメルはこれらすべての人々に今回のアルバムを捧げると述べていますが、中でも代表的な存在として、プーチンの政敵で現在も獄につながれているミハイル・ホドルコフスキーの名を挙げています。
 ちなみにこうしたコンセプトは、2009年1月にサロネンによって初演されたアルヴォ・ペルトの交響曲第4番『ロサンジェルス』にも共通しており、ペルトはそこでやはり、ホドルコフスキーら人権迫害を受けている人々に作品を捧げるとしていました。

【凝った選曲】
クレーメルはこのようなコンセプトから、感情の深い部分に訴えかけることによって、人々を精神的に支えることにもつながると考えられる音楽を選び出し、彼の仲間であるクレメラータ・バルティカと共に演奏しています。
 1曲目は、フィンランドのシベリウスが書いた物静かで悲痛な情感を湛えた名曲『鶴のいる情景』。
 2曲目は、エストニアのアルヴォ・ペルトがクレーメルの誕生日のために書いた作品『パッサカリア』。
 3曲目は、リトアニアの作曲家ラミンタ・シャルクシュニーテによる『深き淵より』。
 4曲目は、ドイツ・ロマン派のシューマンが書いた『バッハの名によるフーガ』の中のフーガ第6番で、原曲はオルガン曲。
 5曲目は、イギリスの作曲家、マイケル・ナイマンが手がけたヒット映画『数に溺れて』の音楽。
 6曲目は、ドイツ・ロマン派のシューベルトが書いた『5つのメヌエットと6つのトリオ』の中のメヌエット第3番。
 7曲目は、ユーゴスラヴィアのティックマイエルの『これは裂かないで』。バッハのヨハネ受難曲の変容。
 8曲目は、旧ソ連のショスタコーヴィチによる『ムツェンスク郡のマクベス夫人』の中の「アダージョ」
 9曲目は、旧ソ連生まれで現在はニューヨークに暮らす作曲家でピアニスト、詩人・小説家でもあるアウエルバッハの『スターバト・マーテルについての対話』
 10曲目は、アルゼンチンの作曲家でバンドネオン奏者のピアソラによる『イ短調のメロディ(10月の歌)』
 11曲目は、ラトヴィアのペレシスによる『花開くジャスミン』
 12曲目は、旧ソ連ドイツ人自治共和国生まれでドイツで亡くなったシュニトケの未完のカンタータからのフラグメント。(HMV)

【収録情報】
・シベリウス:『鶴のいる情景』[6:01]
・ペルト:『パッサカリア』[4:07]
・シャルクシュニーテ:『深き淵より』[12:44]
・シューマン:『バッハの名によるフーガ』Op.60〜フーガ第6番 [6:57]
・ナイマン:『数に溺れて』[5:47]
・シューベルト:メヌエット第3番ニ短調 D.89 [5:52]
・ティックマイエル:『これは裂かないで』[1:29]
・ショスタコーヴィチ:『ムツェンスク郡のマクベス夫人』〜アダージョ[4:39]
・アウエルバッハ:『スターバト・マーテルについての対話』[12:06]
・ピアソラ:『イ短調のメロディ(10月の歌)』[4:37]
・ペレシス:『花開くジャスミン』[6:47]
・シュニトケ:未完のカンタータ〜「フラグメント」[6:30]

 マーレ・ベコヴァツ、ファビオ・ディ・カゾーラ(クラリネット:シベリウス)
 クレメラータ・バルティカ
 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン、音楽監督)

 録音時期:2008年12月8-11日(シュニトケのみ2001年10月23日)
 録音場所:リガ、ラトヴィア放送局、レコーディング・スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

  • 01. Scene with Cranes (Sibelius) 6:01
  • 02. Passacaglia (Part) 4:07
  • 03. De Profundis (Serksnyte) 12:44
  • 04. Fugue No. 6, from Six Fugues on the Name B.A.C.H., Op. 60 (Schumann) 6:57
  • 05. Trysting Fields (Nyman) 5:47
  • 06. Minuet No. 3 and Trios in D Minor, D. 89 (Schubert) 5:52
  • 07. Lasset Uns den Nicht Zerteilen (Tickmayer / Bach) 1:29
  • 08. Adagio, from Lady Macbeth of the Mtsensk District (Shostakovich) 4:39
  • 09. Sogno di Stabat Mater bzw. Dialogues on Stabat Mater (alter Titel) (Auerbach) 12:06
  • 10. Melodia en La menor (Canto de Octubre) (Piazzolla) 4:37
  • 11. Flowering Jasmine (Pelecis) 6:47
  • 12. Fragment (from an unfinished cantata) (Schnittke) 6:30

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
クレーメル自身が、リーフレットに、英語で...

投稿日:2013/09/01 (日)

クレーメル自身が、リーフレットに、英語で、全て書いてある。それだけでも、心、魂に、持って置くべきものがある。古くからあるこの言葉、実際にそう言う状態にあった、今もある人間が、音楽に託し、21世紀に生きる我々へ、届けてくれた、偉人による古今の音楽。12曲、どれも、耳心地は良くないが、クラシックのソウル・ミュージックが、ここにある。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
本アルバムは、ロシアで逮捕、起訴され法廷...

投稿日:2011/11/03 (木)

本アルバムは、ロシアで逮捕、起訴され法廷闘争中のミハイル・ホドルコフスキー氏に捧げられている。同氏の子息と会った際に、このアルバムのことを聞き購入した。シュニトケ、ペルト等といったクレーメルが昔から取り上げ、紹介してきた現代作曲家の演奏がいうことはいうまでもない。さらに、クレーメルは、シューマン、シューベルト、シベリウスの曲の中に潜む現代性を見事に顕在化させている。

流れ星 さん | 不明 | 不明

2
★
★
★
★
☆
コンセプトを知らずに購入しましたが、聴い...

投稿日:2010/11/03 (水)

コンセプトを知らずに購入しましたが、聴いているうちに訴えるものがあって調べました。素晴らしい内容です。演奏自体も良いとと思います。

シャコンヌ さん | 岩手県 | 不明

1

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品