ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり 講談社英語文庫

C・S・ルイス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784770026781
ISBN 10 : 4770026781
フォーマット
出版社
発行年月
2001年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,247p

内容詳細

その学者先生のおやしきは、たいそう大きくて、長い廊下やドアが続いていて、がらんとした部屋がたくさんありました。「家の中を探検しようよ」、そうピーターがいうと、ほかの三人の兄弟も、さんせいしました。次から次へと部屋をまわり、ある部屋にルーシィだけが残りました。大きな衣装ダンスしかないので、みんな出ていってしまったのです。ドアをあけると、タンスの中に、毛皮の外套が何枚も吊るさがっています。ルーシィはタンスの中に入りました。まっくらな中に、二列めの外套がぶるさがっています。それをかきわけ、二足三足、ふみこんでいきました。すると…。ルーシィは、知らぬ間にナルニアの森に入り込んでいたのです。偉大なライオンのアスランがおさめるナルニア国で、ピーターやルーシィたちが白い魔女と戦う傑作ファンタジー。

【著者紹介】
C・S・ルイス : 1893年、アイルランドのベルファスト市生まれ。オックスフォード大学卒業。最初は母校の、次にはケンブリッジ大学の教授となる。専攻は中世およびルネサンス文学。著書は約40冊。キリスト教精神に基づいた一大ファンタジーである本書「ライオンと魔女」を1950年に出版、それから毎年、この「ナルニア国ものがたり」を書きつづけ、1956年の第7作「最後の戦い」で完結。1957年に、カーネギー賞を受賞する。このほか、キリスト教についての作品「痛みの問題」「悪魔の手紙」、SF「沈黙の惑星より」「ペレランドラ」、ホーソンデン賞受賞作「愛とアレゴリー」などがある。1963年に亡くなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tomatona さん

    最近、英語の本を読むことにはまっていて、楽しいけど読書量が極端に減ってます。 この程度の本で2週間ぐらいかかる… まだまだだな、私。 もう少しこのブーム続きそう。

  • 白 さん

    雪景色から春に変わる、魔法生物の軍団同士の戦争と映像映えしそうなシーンが多かった。映画も観てみたくなりました。

  • makokunisawa@gmail.com さん

    友達のオススメで借りた本。読みやすくて洋書に慣れていない私にはぴったりだった。アメリカでは小学生向けの本だけれど、結構単語とか簡単な表現の勉強になりました。

  • lgatyon さん

    やはり章ごとの日本語の解説が重宝して、さくさく読めた。辞書なしでもなんとか読み進められるけど、深く内容を理解するにはまた別の方法を取らなければならないと思った。

  • うみんちゅ さん

    洋書?二冊目。それなりに読むスピードも上がったし内容もよく理解できたと思う。そしてなにより確実に英文読解に役立っている(まぁ当然か…)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

C・S・ルイス

1898‐1963。英国作家。「ナルニア国物語」シリーズの著者。ケンブリッジ大学で中世・ルネサンス文学を講じた教授でもあり、評論やキリスト教に関する著作も多い。代表作「ナルニア国物語」シリーズ最終巻『最後の戦い』(1956年)は、優れた児童文学に贈られるカーネギー賞を受賞した

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品