後妻業 文春文庫

黒川博行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167906290
ISBN 10 : 4167906295
フォーマット
出版社
発行年月
2016年06月
日本
追加情報
:
490p;16

内容詳細

91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていた。ある日耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出す。さらに公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言した―。高齢の資産家男性を狙う“後妻業”を描き、世間を震撼させた超問題作。

【著者紹介】
黒川博行 : 1949年、愛媛県生まれ。京都市立芸術大学卒業後、高校で美術を教え、86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞し、作家活動に入る。96年、『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞、2014年、『破門』で第151回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    DVDのポスターを見て気になった。黒川博行氏の作品は『疫病神』を読んで以来の二冊目。シリーズ二作目の『国境』が上下巻で長いので、なんとなく後回しにし続けて読み進めていなかった作家さん。登場人物の活きがよく、物語全体のテンポも相乗効果でどんどん良くなる。内面は描写されないにも関わらず、悪い奴ほど人間味があって、なんか感情移入してしまう不思議な魅力を発散。探偵の手で小夜子の過去が暴かれていく過程もとても面白く描かれており、長さをまったく感じさせない良作。

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    げに恐ろしきは「手練手管の欲ボケ婆あ」と恥っさらしの「色ボケ爺」ですね! 「親父頼むよ・母さん死んでもこんなことにならないでね」と祈りたくなりますね(笑) 大阪弁の掛け合いがテンポ良く、いっそ清々しいぐらいの悪党ぶりにお腹を抱えて笑いました 最後、小夜子に法の鉄槌が下らなかったのが残念ですが勉強になりました 公正証書よく憶えとかなくちゃ(笑)

  • 小梅 さん

    初読み作家さんでした。面白かった〜ギリギリ映画が間に合うので午後から観て来ます。楽しみ(≧∇≦)

  • ケンイチミズバ さん

    辛辣な会話がとてもではないが笑えない。とにかく悪人だらけで疲れた。後妻の意のまま公正証書遺言を作成し、薬をすり替えられ、しまいに点滴のかわりに空気を注射される。私が全財産を相続しますとあっけらかんと言われては本当にびっくりすると思う。最後の面倒をみたいとの殺し文句と色仕掛けでこうもたやすく騙されるものなのか?小夜子のキャラは読者の怒りを最高潮まで持って行くにはあまりにも素晴らしい。被害者側が犯罪を立証することの困難さも痛感したし、保険金が絡まないと動かない警察も腹立たしい。最後まで読ませる筆力には感動。

  • にいにい さん

    「破門」後の第1作。やっぱり、黒川博行さん凄いな。高齢者の遺産を狙った犯罪で、実際に起こった事件にもこの題名が引用されるほど。映画化されているので、大竹しのぶさんや豊川悦司さんもちらつきながら、こうゆうことあるんだろうなと、興味深く、かつ展開もいつもの黒川節で、面白かった。元刑事本多の思惑、柏木・小夜子の実態、弁護士・建築士・行政書士のいろいろと読み応え満載。いずれ過去の悪行は、明るみに出る。危機管理と対応力を読み取れる作品だった。人のサガを突き付けられたって感じる一冊。映画見てみようかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

黒川博行

1949年愛媛県生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。高校の美術教師をへて、83年「二度のお別れ」で第一回サントリーミステリー大賞佳作を受賞。86年「キャッツアイころがった」で第四回サントリーミステリー大賞、96年「カウント・プラン」で第四九回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)、2

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド