国境 下 文春文庫

黒川博行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167902520
ISBN 10 : 4167902524
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
396p;16

内容詳細

二宮と桑原のふたりは、自分たちを嵌めた詐欺師を追って、中国との国境から再び北朝鮮に密入国を企てる。北朝鮮の凄まじい現実と極寒の中、詐欺師を追いこんだふたりだったが、脱出には更なる困難が待っていた―。「疫病神」コンビは、本当の黒幕にたどり着くことができるのか!?圧倒的スケールの傑作。

【著者紹介】
黒川博行 : 1949年、愛媛県生まれ。京都市立芸術大学卒業後、高校で美術を教え、86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞し、作家活動に入る。96年、『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞、2014年、『破門』で第151回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
未知の国である北朝鮮の暮らしがおもしろい...

投稿日:2021/07/04 (日)

未知の国である北朝鮮の暮らしがおもしろい。有り得ない設定なんですが、映画を見ているような錯覚をするくらい続きが気になって一気読み。疫病神シリーズの中でも国境が一番好きです。憎めないヤクザが人間味があっておもしろい。

ゴロウ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
やはり疫病神シリーズはいいですね

投稿日:2021/03/10 (水)

やはり疫病神シリーズはいいですね

リプリー さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ehirano1 さん

    男気に溢れた物語でした。桑原に至っては殆どヒーローでした。桑原と二宮、最後までよく頑張ったと思いました。次に会えるのを楽しみにして本書を閉じます。

  • ナイスネイチャ さん

    瞬読でした。やっぱりこのコンビの掛け合いが面白いんだなと。二宮一人だったら味気ないです!それにしてもこれだけ北朝鮮の事を調べるのかと巻末の文献数にビックリしました。

  • サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥 さん

    「どアホ!やくざ者が詐欺に引っかかってそのままってわけにはいかんのや。きっちりケジメつけたる!」ってなわけで、ついには北朝鮮への密入国まで。そして詐欺事件の影にはさらに巨大な黒幕が。ヤクザに政治家、丸暴まで入り乱れての大活劇。今回も二宮は桑原に振り回されっぱなしでしたね。一方、フィクションとはいえ北朝鮮の悲惨な状況は現在もこれに近いものなのだろうなあ。こんな国が目と鼻先にあるとは・・・。文庫本の解説が今は亡き伊織さんというのもうれしかったです。★★★★★

  • koba さん

    ★★★☆☆

  • ぶち さん

    なんともスケールの大きなハードボイルド小説です。 主人公の凸凹コンビが日本を飛び出し、北朝鮮まで詐欺師を追いかけて行くのですから。しかも、中国から北朝鮮へ密入国し、戻るときには北朝鮮軍から銃撃を受けるという状況も発生してしまうのです。外国のスパイ小説なら分かるのですが、日本の民間人 (といってもヤクザと半分ヤクザのコンビですが) が主人公の小説では考えられない展開です。だからこそ、読んでいてハラハラ、ワクワク、たいへん楽しい読書です。政治家とその周りで蠢く人間の欲のつっぱり具合にはムカムカしました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

黒川博行

1949年、愛媛県生まれ。京都市立芸術大学卒業後、高校で美術を教え、86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞し、作家活動に入る。96年、『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞、2014年、『破門』で第151回直木賞を受賞。大阪を主舞台にした軽妙な語り口の中に

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品