橇・豚群 講談社文芸文庫

黒島伝治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062903561
ISBN 10 : 4062903563
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
272p;16

内容詳細

昭和初期に隆盛したプロレタリア文学運動の潮流の中で、写真的な文章と複眼的想像力による傑作短篇を立て続けに発表して一躍脚光を浴びながらも、肺病による喀血から郷里・小豆島での療養生活を余儀なくされた黒島伝治。官憲の横暴に対する農民の知恵がドラマを生む「豚群」、戦争の悲惨さと裏腹の滑稽な現実を鮮やかに描いた「橇」、「渦巻ける烏の群」など時代を超えた輝きを放つ代表作集。

【著者紹介】
黒島伝治 : 1898・12・12〜1943・10・17。小説家。香川県小豆島生まれ。地元の醤油会社に勤めた後、上京。1919年早稲田大学高等予科に入学するも、同年に徴兵されてシベリア出兵にも従軍、22年兵役免除まで日記をつける。25年同郷の壷井繁治の尽力で小説を発表し始め、翌年日本プロレタリア芸術連盟の「文芸戦線」同人となる。27年には労農芸術家連盟の創立に参加、30年文戦打倒同盟を経て日本プロレタリア作家同盟に合流。作品には伏せ字も多く、30年刊行の『パルチザン・ウォルコフ』、『武装せる市街』は発禁に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のり さん

    処女作「電報」は、農村の貧しい農家の息子が優秀なのに周囲の目から逃れられなかった両親のためにその進学が絶たれる話。同じく〈農村もの〉である「二銭銅貨」「豚群」(ともに『文芸戦線』(1924年創刊)初出)も、前者が二銭安い緒を幼い息子に与えたために事故死させた両親の悲哀を描き、後者は役人の目を逃れるために豚を放し、裏切り者に翻弄されるも最後はやりおおせる農家の青年を描く。「豚群」は黒島伝治の作品には珍しく滑稽味もあり、救われる結末である。(→)

  • 刳森伸一 さん

    農村の貧しい人々やシベリアに出兵した人々を写実的に描く。プロレタリア文学ということだが、実際には弱き者に寄り添ったリアリズム文学といった感じ。収録作に外れはなく、いずれも高水準だが、ラストが壮絶な「渦巻ける烏の群」が特にいい。

  • まどの一哉 さん

    舞台は作者の出自を題材にして、小豆島の農家であり、醤油工場の労働者でもある。当時は身分や階層というものが根強く意識されていて、下層民の子供は進学を志しただけで地主や周囲の村人から白い目で見られる。小作の子は小作、醤油蔵の労働者の子は醤油蔵の労働者と決まっていて、滅多なことでは抜け出すことができない。抜け出してはならないといった空気だ。常に周囲の目を気にしながらでないと自分の人生も決められない。これが20世紀初頭の日本の村落だが、その頃からどれくらい進化しているのか?

  • あにこ さん

    黒島伝治はなるほどこういう文学を書くのか。ハッキリ言って、上等ではない。が、それだけに一層ユニークに思われる。むろんこの傾向は何も黒島に限ったことではなく、多くのプロレタリア文学に共通していえることかもしれない。「二銭銅貨」が一番好きだった。「豚群」も面白かったが、他のはいささか退屈した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品