クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本

鷹野凌

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784844337973
ISBN 10 : 4844337971
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
143p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えちぜんや よーた さん

    いまどき誰でもブログやらSNSやらで情報発信ができる。「国語」の授業をするときに、著作権のことも教えたほうがいいじゃないかな。この本をヨイショするわけではないけど、子供でも分かる題材を取り上げているので著作権の教科書として使えるかと。

  • しゅーいち@元くろいち さん

    【著作権について】引用…自分の著作物に他人の著作物を「引用」する場合、「無断」で利用できる。※引用禁止は法的には意味が無い[引用の条件]@他人の著作物を引用する必然性があるA自分の著作物と引用部分が明瞭に区別できるB主従関係が明確である(自分の著作物が主体)C出所が明示されている◎著作権は「親告罪」。権利者が見て見ぬふりをしていればクロにならない◯見て見ぬふりをしなくなったら➔「著作権侵害です」と警告される。それでも止めなければ、民事訴訟や警察が動くことになる■「ブログ」で書評を書く場合に気を付けたい

  • なつき さん

    簡単に画像・文章が切り貼りできてしまう世の中、簡単にできるということはバレるのも簡単ということ。プロじゃないから仕事じゃないから著作権なんて関係ないと思っている普通の子のための本。知らなかったじゃ済まされないだけに、学生時代に読んでおくべき初歩の一冊。

  • 新島 さん

    この一冊があれば著作権を十分に学べる充実した内容。上手くまとめてありますし、法律に記された難しい事柄を基礎から丁寧に学ぶことができました。若干、若者向けと意識し過ぎたのか噛み砕いた口調が逆に気に触ったりするかもしれませんね笑。また違反や容認などの例えに用いるのはサブカルがほとんどでしたが、理解の手助けとしては意外にも最適だったようで分かりやすかったです。

  • スプリント さん

    対話形式になっていて読みやすく理解しやすかったです。著作権にまつわる法律は今後短いスパンで新しく制定されたり改正されたりすると思いますので常に新しい情報を入手しておきたいものです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品