図説 ケルトの歴史 文化・美術・神話をよむ ふくろうの本

鶴岡真弓

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762630
ISBN 10 : 4309762638
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;22

内容詳細

2500年の時を経てなお、ケルト文化に魅了されるのはなぜか。「美術」と「神話」を手がかりに、その歴史と世界観を読み解く。ケルト学、神話学の第一人者による決定版。

目次 : 序章 ケルト文化とは何か―ヨーロッパ像を変えるケルト/ 第1章 「島のケルト」歴史と美術/ 第2章 「大陸のケルト」歴史と美術/ 第3章 「大陸のケルト」信仰と神話/ 第4章 「島のケルト」神話と伝説―アイルランドとウェールズを中心に/ 第5章 ケルト文化の復興

【著者紹介】
鶴岡真弓 : 1952年生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。ダブリン大学に留学。多摩美術大学芸術学科教授、芸術人類学研究所長。ケルト芸術文化学、ユーロ=アジア造形表象学専攻

松村一男 : 1953年生まれ。東京大学大学院宗教学・宗教史学博士課程修了。和光大学教授。比較神話学・宗教学専攻。国際比較神話学会(IACM)ディレクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ナタデココ さん

    石・水信仰。具象から抽象へ。スピード感を生む左右非対称の文様。ケルト十字架は現代にも通用する格好いいデザインだと思う。ケルトってもっと魔術的なイメージだったけど、意外と好戦的な物理アタッカーだった模様。歴史部分は私には重すぎて雑読み。図書館。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品