「名コーチ」は教えない プロ野球新時代の指導論 集英社新書

高橋安幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087212235
ISBN 10 : 4087212238
フォーマット
出版社
発行年月
2022年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;18

内容詳細

「チームの勝利よりも選手の幸せを考えてやることです」(本文より)

大谷翔平や佐々木朗希など、野球界にはかつての常識を覆すような才能が次々と現れる。
彼らを成長へ導くのは、従来のコーチング論とは一線を画した、新しい指導スタイルだ。
本書は、すぐれた職能を認められているプロ野球の現役指導者6人──石井琢朗、鳥越裕介、橋上秀樹、吉井理人、平井正史、大村巌に取材。
新世代の選手とどう接するのか。
どんな言葉をかけるのか。
6人のコーチの実践は、野球界のみならず、若い世代を「指導」「教育」する立場の職務にも有効なヒントを与えてくれる。

【著者プロフィール】
1965年、新潟県生まれ。
ベースボールライター。
日本大学芸術学部卒業。
出版社勤務を経てフリーランスとなり、雑誌「野球小僧」(現「野球太郎」)の創刊に参加。
主に昭和から平成にかけてのプロ野球をテーマとして精力的に取材・執筆する。
著書に『増補改訂版 伝説のプロ野球選手に会いに行く 球界黎明期編』(廣済堂文庫)、『根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男』(集英社文庫)など。

【著者紹介】
〓橋安幸 : 1965年、新潟県生まれ。ベースボールライター。日本大学芸術学部卒業。出版社勤務を経てフリーランスとなり、雑誌「野球小僧」(現「野球太郎」)の創刊に参加。主に昭和から平成にかけてのプロ野球をテーマとして精力的に取材・執筆する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しーふぉ さん

    コーチングとティーチングなど野球に限らず職場や学校でも使える人材育成方法が分かる。

  • マッちゃま さん

    野球のコーチ業って手取り足取り教えてくれるんじゃないの?そう思っていました。帯に書かれた「伝えるな。気づかせろ。」まあ〜これは野球会に限らず、社会に出てからの一般的な教育にも言えるかと思いました。でも僕なんかは、ついつい「ああしろこうしろ」って言っちゃうんですよね、その方が僕が楽だから。本書は石井琢朗、鳥越裕介、橋上秀樹、吉井理人(今や監督♪)平井正史、大村巌の6名の考え方を紹介してくれております。マニアックな野球好きには本当に堪らない内容です。いつかは我が巨人軍も名コーチと呼ばれる人材を輩出したいです!

  • tetsubun1000mg さん

    高校野球の監督への取材では、寮生活と長時間の練習で日常生活から手取り足取り指導している印象だが、プロ野球はどうなんだろうと選ぶ。 1950年位まではプロ野球はコーチはおらず、一人から三人と段々と各チームに広がったらしい。 川上、広岡監督の時代は管理野球と呼ばれていたが、最近は型にはめないメジャー風のコーチも増えてきたようだ。 メジャーリーグで活躍する選手がコーチの接し方を経験して自ら吸収したのだろう。 六人のコーチに取材しているが、教えるのではなく選手に気づかせる事を大切にしていることは共通している。

  • anken99 さん

    現代プロ野球コーチ論。6人の「名コーチ」が登場するわけだが、いずれも自分はあくまでも裏方に徹してというスタンスが興味深い。「俺のときはこうやった」というのは、現代には全く合わないということ。プレーしている本人の意識をいかに変え、いかに自分が考えて行動したのかということを感じさせるかということ。複数の球団に壊れ続ける理由とは、そんなところにあるんだろう。吉井、橋上といったあたりの著述は、特に面白く読むことができた。

  • バーニング さん

    吉井監督就任記念で購入。吉井以外だと石井琢朗と橋上秀樹のインタビューを面白く読んだ。それぞれの形で現代的なコーチングを考えて実践してますね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高橋安幸

1965年、新潟県生まれ。日本大学芸術学部卒業。出版社勤務を経て、野球雑誌「野球小僧」(現「野球太郎」)の創刊に参加。ノンフィクション作家として、主に昭和から平成のプロ野球をテーマとして精力的に取材・執筆する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品