へんてこもりのコドロボー へんてこもりのはなし

高楼方子著

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784034602102
ISBN 10 : 4034602104
フォーマット
出版社
発行年月
2002年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,79p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベーグルグル さん

    【高楼方子 11月の扉を開けよ読書会】まるぼにお茶を誘われたそらいろ幼稚園の四人。近道を行くには、スキップしながら間違わないように歌を歌わないといけない。間違ってしまうと、子供をさらうコドロボーがやってくる。出てくるコドロボーの個性的な姿が笑えて、よくぞこんなコドロボーを考えたなぁ、流石の高楼さんです。オチももまた面白いです。

  • mari さん

    単独本と思ってたら、シリーズでした。シリーズはやっぱり一冊目から読まないと、話の筋がわかりにくいので、まるぼとの初めての出会いを求めて一冊目をかりてきます!でも年長次女が笑いながら聞いてくれた!

  • bros さん

    息子読み聞かせ。長いので、少しずつ数日間かけて。コドロボーは、想像していたのと全然違っていました。こみち歩くときは、歌を間違えないように(笑)

  • いろ さん

    「へんてこもり」シリーズ。我が家には,祖父母からもらった「へんてこもりにいこうよ」があり,面白いので,シリーズ他の作品もいつか読みたいと思っていた。8歳男児とそれぞれ1人読み。まるぼーがお茶のお誘い,近道を行くには正確に歌わないと大変な事に!というお話。今回はしりとり展開ではなかったw コドロボーって人さらいなのね,怖い筈だけど,悪者の変てこな奴らは何だか可愛いし面白い。ドキドキしつつも笑って読了♪ たかどのさんは,いつも面白くてほんわか安心。絵も楽しいので,息子は読み終わった後も絵を見返している。

  • ともこ さん

    まるぼに再会した4人の子どもたち。少し歌を間違えただけでコドロボーにさらわれちゃうってとこに緊張感を覚えますが、次はどんなキャラクターが出てくるのかワクワクしちゃいました。帰りにいつもお茶を飲むように、目的地にもすぐ着くお茶があればいいのにな♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高楼方子著

函館市に生まれる。おもな作品に、『へんてこもりにいこうよ』『いたずらおばあさん』(この2冊により路傍の石幼少年文学賞)、『キロコちゃんとみどりのくつ』(児童福祉文化賞)『十一月の扉』(産経児童出版文化賞)『おともださにナリマ小』(産経児童出版文化賞・JBBY賞)、『わたしたちの帽子』(赤い鳥文学賞・

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品