ねこ切り絵 切って飾って癒される、暮らしを彩る猫、ねこ、ネコ

高木亮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416616826
ISBN 10 : 4416616821
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
高木亮 ,  
追加情報
:
143p;21

内容詳細

本書はねこの本でもあり、切り絵の本でもあります。ページの中を動き回る101匹のねこたちは、ねこ単体のシンプルなものから、物語をとじ込めた本格的な作品まで、さまざまなところで活躍しています。同じねこでも、切る人によってその表情は千差万別。きっと、あなたらしい素敵なねこに仕上がります。

目次 : ねこ切り絵の作り方/ 1 いろんなポーズのねこがいる(単体の切り絵)/ 2 はじまる!ねこのコンサート(楽器シリーズ)/ 3 和風でいこう!「つば切り絵」/ 4 出欠とります「かず切り絵」/ 5 「物語のある絵」を切ろう/ 6 色で遊ぼう「カラーの切り絵」/ 7 ねこといっしょの12ヶ月/ 8 本格的な切り絵に挑戦

【著者紹介】
高木亮 : 1971年香川県生まれ。1992年ごろより独学できりえ制作を開始。その後「きりえや」を名乗る。ポストカード、カレンダー、かるたなどの自作製品や個展、各種メディアを通じ発表される独特のユーモアと哀愁を秘めた「かわいくて、おかしくて、少しだけ寂しい世界」が内外で注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みや@桃色日和 さん

    図書館本。訪問先の図書館で見つけて気になった本が、地元の図書館にもあった。改めて見ても、やはり可愛い。全部可愛い。難易度もいろいろあって、しばらく楽しめそう。持っている本を切り終えたら、きっと全部やる。本のサイズが独特なため、倍率を変えて図案をコピーするのが難しくて困った。いくつかは小さいサイズでやることになりそうなので、頑張りたい。●今使っているカッターマットはとても切りやすいが、下の線が気になることがあるので、この作家さんが使っている無地の物も欲しくなった。

  • sai さん

    ユメ、ボス、シャム、大五郎、ノエル、ちびユメというねこの切り絵が一杯!しかもテーマごとに掲載されているので見ているだけでも楽しいです。その中でも「物語のある絵」のボスが最高です。可愛すぎます。「ねこといっしょの12ヶ月」から始めていきます。

  • かち さん

    ねこのしなやかさがとってもよく出ている本で、切ってて楽しかった。 本のP原寸で切っているので(栞にしたいから)ねこの目とヒゲに苦労していますww

  • べべっち さん

    2姫リクエスト♪デザインナイフ要るかなー?私にはちょっと厳しいけど、どーしよ( ̄▽ ̄;)

  • みか さん

    切子図案参考用。飼い猫をモデルにしたという切り絵がとっても可愛い。表紙のにゃんぱらりんは使えそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品