もふらぶ うちのオオカミは待てができない Splush文庫

高月まつり

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781686196
ISBN 10 : 4781686192
フォーマット
発行年月
2019年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;15

内容詳細

真千が幼い頃から可愛がってきた幼馴染みの形は、獣之人という獣の血を持つ種族。オオカミの血を引く形は、物心がついた頃から「まさゆきちゃんと結婚する!」と言い続け、成人してさらに接触の濃度が増してきた。抱きつく、甘噛みする、舐めるだけでなく際どい部分にまで触れてくる形を窘めながらも、もふっとした耳と尻尾に触れると真千も思わず許してしまう。けれど、まだまだ子供だと思っていた形に獣之人同士の見合い話が持ち上がり…!?

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マシュ さん

    やだ先生、面白かった。ちょっといつものごちゃつき感も控えめで、ちょっと物足りなく感じちゃうくらい(笑)獣之人と呼ばれる種族と隣人同士になったことから、狼の形を小さなころから面倒を見てきた真千。形はとにかく真千が大好きで結婚してと言い続け、海外に移住する両親にもついて行かずに真千の家にお世話になり続け、何年もかけて『番』になってもらうために口説き落とすお話。獣之人の両親が形のフィアンセとして見つけてきた同じ狼の女性も形にフラれたけどハッピー。両家族もハッピー。月さんらしく大円満で終了。鰐の獣之人に幸あれ。

  • 蓮 さん

    幼い頃から手塩にかけて面倒をみてきた狼の獣之人・形とギャラリスト・真千。朝から耳ピコピコ、尻尾パタパタさせてお布団に誘う形の可愛らしい姿に抗えず、けれど親愛を越えられず逃げ腰の真千。ちょっと二十歳にしては形が幼いような気もするけど、もっふり描写がたっぷりで可愛いお話。形の婚約者に真千を欲しがるワニ獸人とお約束の争奪戦。保護者的な立場が崩れ自身の気持ちに気づいてからの真千がとても素直でエロ可愛いかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高月まつり

著書に「リトルダーリン」がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品