トラペジウム

高山一実

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040686967
ISBN 10 : 4040686969
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;19

内容詳細

乃木坂46から初の小説家デビュー!
現役トップアイドルが、アイドルを目指すある女の子の10年間を描いた感動の青春小説!

高校1年生の東ゆうは「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。
「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」……?
努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、高校生活をかけて追いかけた夢の結末とは!?

「これは一つの青春の終わりから、次の青春へ向かう物語」
――中村文則 小説家

「時折あらわれる、鋭い“いじわる”表現が良い」
――羽田圭介 小説家


<プロフフィール>
高山一実(たかやま・かずみ)
1994年2月8日生まれ、千葉県南房総市出身。2011年8月、乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。
2016年4月より雑誌『ダ・ヴィンチ』にて小説『トラペジウム』の連載を開始。
同年9月、ファースト写真集『高山一実写真集 恋かもしれない』を刊行。本書が小説デビュー作となる。


【著者紹介】
高山一実 : 1994年2月8日生まれ、千葉県南房総市出身。2011年8月、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。16年4月より雑誌『ダ・ヴィンチ』にて小説『トラペジウム』の連載を開始。同書が小説デビュー作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
こうやって一生懸命活動した青春時代という...

投稿日:2021/03/01 (月)

こうやって一生懸命活動した青春時代というのは、その中で失望することがあったとしても、輝いて見えるなあと感じました。 学生の頃思い描いてた未来と現実はなかなか同じようにならないというのがリアルだなと思いましたが、そんな現実も悪いものじゃないですよね。 大人になった私にもSNSなんかで繋がる学生時代の友人も残ってたりするので、私の学生時代も捨てたもんじゃないかも・・・?

さまざん さん | 埼玉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    乃木坂46高山一実の処女作ということで興味を持ち、読みました。私小説ではない、青春アイドル小説、少女漫画的(お蝶夫人的な登場人物等)展開で、ご都合主義的なところもありますが、全体的には合格点ではないでしょうか?著者が2作目以降、どんな物語を紡ぎだすか楽しみです。奇しくも『嵐 活動休止』のNEWSが流れましたが、『アイドルもつらいよ』ということなんでしょうネ。

  • テンちゃん さん

    『高山一実様、君はなりたい自分になるために、奇跡が訪れるのをじっと待つのではなく、奇跡は自らの努力が伴ってはじめて起き、つかみとるものなのだと私に熱いメッセージを送った』💫💖💫『アイドルの世界は決して甘いものではなく、多くの規律の上でやりたいことをおしころしながら耐え、ファンと笑顔を共感する事で、自らを輝かせ、ファンに「生きる希望を与えている」事が伝わった』💫💖💫『君の進む道は険しく困難な道かもしれない!そんな中で君の作品の文面から「世界中の人々を笑顔にしたい」という覚悟を感じた』⇒2ページへ

  • ウッディ さん

    アイドルに憧れを持つ女子高生が、街の東西南北の美少女を集め、アイドルグループを結成しようとする物語。乃木坂のメンバー・カズミンの処女長編小説で、アイドルを目指して、なりふり構わず見知らぬ人とつながりを持ったことから展開する着想は面白く、現役アイドルのアイドル観を覗き見したような感じでした。一方、文章は拙く、説明不足感がありました。ただ、売れっ子アイドルで、グループ内での人気競争も激しく、想像もつかないようなプレッシャーの中でステージに立つ彼女にしか見えない景色があるような気がします。まずまずでした。

  • やっさん さん

    ★★★☆ 読書メーター200冊目。整形の見分け方や過去バレの描写は、現役アイドルならではのリアルさ。地の文もしっかり書かれており、あっという間に引き込まれた。アメイジング\(^o^)/

  • nobby さん

    ずっと気になっていたので読んでみた(笑)「アイドルになりたくない女の子なんているんですか?」現役アイドルが小説に描くのは「アイドルを目指せ!」紆余曲折を経ながら泣いて笑ってのサクセスストーリーを勝手に想像していたら全く違った…ソロでなく金髪お嬢様・理系ヒロイン・クールビューティー揃えてのグループ構想や、名が知れた後を想定してのボランティアなど、プロデューサー目線の活動がメインという策士ぶりにはビックリ!?その分、少し盛り上がりに欠けるかな…ちょっと強引な展開が気になるものの、彼女の文体は追い続けてみたい♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

高山一実に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品