俺を好きなのはお前だけかよ 12 電撃文庫

駱駝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049127966
ISBN 10 : 4049127962
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
ブリキ ,  
追加情報
:
285p;15

内容詳細

激動の体育祭、繚乱祭を終えた俺達は、二年の修学旅行で北海道に。だがそこには何故か一年のたんぽぽと三年のコスモスの姿が! さらには予期せぬ人物も登場し――今回もまた色々ありそうだぜ、なぁひまわり……。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    激動の体育祭そして『繚乱祭』を終えたジョーロ達が修学旅行で北海道の札幌市を訪れ、そこで小学校時代の幼馴染・ライラックと再会する第十二弾。修学旅行に強引についてきたアホな先輩と後輩はあれでしたけど、幼馴染・ひまわりに元気がない一方で、積極的にぐいぐい来てパンジーたちも押されっぱなしだったライラックには存在感があって、そんな調子の狂う展開を見事ひっくり返してみせた今回のキーマンは意外でした。過去の精算と彼女たちの想い、そして想いを寄せるヒロインたちに向き合うジョーロの決意がどんな結末をもたらすのか続巻に期待。

  • かんけー さん

    読了♪修学旅行編♪と言う事で?ジョーロの回りも何かと落ち着かない騒がしさだと。コスモスとたんぽぽが?トンデモを主張してw無理を通そうと躍起になればジョーロが否定の拒絶を表明するも?何時もの様に有や無やにwひまわりが元気が無いことに心悼めるジョーロだが?俺好きは個性的な女子が多く♪てか?更に今巻新ヒロイン登場で!その名をライラック?とな、ジョーロ曰くパンジーに匹敵するレベルの美女だと!彼女はジョーロ、ひまわりと幼馴染みらしく、三人の関係性を中心軸に物語は紡がれて?ジョーロのパターンとして、事後認証とも→

  • リク さん

    学生最大のイベント、修学旅行編。舞台は北海道。全編通してジョーロと幼馴染の話でかなり真面目な展開。ただし神は存在する。天真爛漫な向日葵の悩み。陰キャラからすれば、いつも本心からの笑顔でいれて、誰にでも話しかけられるだけでも輝くヒーローなんだけどね。しかしあのアホが活躍するとは…。お前が空回らなかったらキャラ崩壊じゃないか! あと、ジョーロは美少女侍らせてて刺されないの? 旅館の美人と二人で抜け出すとか絶対に許されないよね。今のところジョーロの決意は揺るぎないもののようだけど、このラストが結末を変えるのか?

  • 熱東風(あちこち) さん

    まずまず。/今回は二人の幼馴染の女の子の物語。一人はひまわり。そしてもう一人…苦い思い出のまま遠く別れてしまった少女が大変身して、修学旅行中のジョーロの前に姿を現す。/もはやキャラが増えすぎて、ニックネームを読んだだけでは誰のことかパッと出てこなくて惑うこともしばしば。/余談だけど、小学生の時期から『紫丁香花』なんて漢字でライラックと読む花を知っているのが驚きだ。博識なんだね。/よくできた構成だとは思うけど、そろそろ回りくどくなってきた感じが否めないのも事実。/次巻へ。

  • なぎ さん

    今回は修学旅行編。ジョーロの過去に暗い影を落とすライラックが登場。ジョーロに猛アッタクをして思い出作りをすることになったライラック、彼女の真意も物語が進むにつれて明かされていく。そしてあらすじでひまわりの離脱を懸念していたが…、最後に背中を押した某キャラが良い仕事をしていた。ジョーロの約束の変更は良かったと思います、ライラックの言う通りきちんと一人一人と向き合ってほしい。でも現時点ではジョーロの思い人が誰だかさっぱり分からん。前回の出来事からチェリー少しずつ前へ進んでいるようでひと安心。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

駱駝

『俺を好きなのはお前だけかよ』で第22回電撃小説大賞金賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

駱駝に関連するトピックス

  • 電撃文庫 2019年5月のライトノベル新刊 『やがて君になる 佐伯沙弥香について 2巻』『絶対ナル孤独者 5巻』など、5月発売のライトノベル新刊はこちら! HMV&BOOKS online|2019年05月07日 (火) 11:00
    電撃文庫 2019年5月のライトノベル新刊

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品