本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第5部|2 女神の化身

香月美夜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866990019
ISBN 10 : 4866990015
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
追加情報
:
395p;19

内容詳細

★TVアニメ第二部放送中!★
シリーズ累計300万部突破!(電子書籍を含む)
ビブリア・ファンタジー最新刊!


雪降るアーレンスバッハ城。その執務室で、次期領主の婚約者フェルディナンドはローゼマインの手紙に眉を寄せていた。彼女は王族に呼び出されたばかりか、貴族院の図書館に秘められた地下書庫へ近付こうとしていたのだ。周囲を悩ます「頭の痛い報告書」の数々は貴族院三年生になっても変わらなかった!
不思議な現象を起こした上に、学生達の共同研究に王を巻き込む始末。王の御前だろうと取り繕いゼロ、聖女と持ち上げられるお茶会にはイライラ。我が道を全力で突っ走るローゼマインにレスティラウトから驚愕の提案が!
ライデンシャフトの槍を振りかざし、いざディッター勝負、再び開幕!(自身の将来を賭けた嫁取りディッター!?)
書き下ろし短編×2本、椎名優描き下ろし「四コマ漫画」収録!

【著者紹介】
香月美夜 : 『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ☆よいこ さん

    第5部A通巻23。[プロローグ]アーレンスバッハに婿入りしたフェルディナンドがローゼマインからの手紙を読む。▽王族と図書館の関係、神殿と貴族の関係など。今回のメインは『嫁盗ディッター』ダンケルフェルがーのレスティラウトからの求婚申し込みを蹴るために、エーレンフェストの威信をかけてディッター勝負をする事になった。宝はローゼマインとハンネローネ。▽次が待ちきれない。

  • よっち さん

    王族に呼び出されたばかりか、貴族院の図書館に秘められた地下書庫へ近付こうとし、相変わらずフェルディナンドを悩ませるローゼマイン。相変わらず我が道を全力で突っ走るローゼマインにレスティラウトから驚愕の提案がされる第五部第二弾。不思議な現象を起こした上に学生たちの共同研究に王を巻き込み、聖女と持ち上げられ事実と異なる認識をされてイライラするお茶会。少しずついろいろなことがズレていった先にあったディッター勝負は、彼女の立ち位置を決定的に変えてしまったような気がしますね…ハンネローレにも転機となるか注目してます。

  • kitten さん

    発売日に書店で購入。フェルディナンドの出番はプロローグのみ。Web版既読のはずだが、ほとんど忘れていた。ローゼマインの暴走は確信犯ではないのか?三年生も「頭の痛い報告書」は健在だが、フェルディナンドの不在が寂しいな。モブキャラのリュールラディからみた貴族院の奉納式がよかった。ローゼマイン、マジ女神。エピローグのハンネローレ視点もよかったな。ヴィルフリートが何も考えていないのはほぼ確実なんだけど、ハンネローレは、そこに惹かれるのだろうか。中央、王族の不穏な動きも、かなりフォローされてる。評価、星4.楽しい。

  • はなりん さん

    貴族院3年生のメインイベントがてんこ盛り!ダンケルとの共同研究、貴族院での王族参加の奉納式、そして嫁取りディッター。ロゼマさんの価値が王族や大領地に知れ、本人ののほほんとした雰囲気とは別の所で、どんどんきな臭くなってきた。短編では、王族特に第一王子のロゼマに対する警戒心が語られいます。嫁取りディッター後のダンケル側のやり取りも。webではわからなかった事が補完され、今後がますます楽しみに!

  • まるぼろ さん

    さて今巻は嫁取りディッターの結末まで。ダンケルフェルガーとの共同研究から端を発し、王族も参加しての奉納式を貴族院で執り行ったり、ダンケルフェルガーとのお茶会から予想し得ない騒動へ…と言うお話です。今巻もローゼマインを起点として周囲の騒動が絶えないと言った感じのお話でしたが、奉納式での風の盾に阻まれる者が出たりとか嫁取りディッターでも禍根が残ったりとか後々に影響しそうな話が出てきたりで気になったりでした。そんな中でもハンネローネがヴィルフリートを意識しだしたりで、こちらは是非応援したいなとも思えました。→

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

香月美夜

『本好きの下剋上―司書になるためには手段を選んでいられません』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

香月美夜に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品