ウィーン 多民族文化のフーガ

饗庭孝男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784469213287
ISBN 10 : 4469213284
フォーマット
出版社
発行年月
2010年03月
日本
追加情報
:
20cm,348p

内容詳細

ヨーロッパの十字路に位置するウィーンでは、多民族の文化がフーガのように絡み合い、20世紀をリードした豊穣なポリフォニック文化がいかに形成されたか。都市形成と文化醸成のダイナミズムを多彩な視点から解明。

【著者紹介】
饗庭孝男 : 青山学院大学名誉教授(フランス文学/文芸評論)

伊藤哲夫 : 国士舘大学理工学部教授(建築家)

加藤雅彦 : 元NHK解説委員(欧州問題研究)

小宮正安 : 横浜国立大学教育人間科学部准教授(ヨーロッパ文化史)

西原稔 : 桐朋学園大学音楽学部教授(音楽社会史)

檜山哲彦 : 東京芸術大学音楽部教授(ドイツ文学/ドイツ=ユダヤ文化史)

平田達治 : 大阪大学名誉教授(ドイツ・オーストリア文学/都市文化研究)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たなかひとみ さん

    ウィーンを多民族国家という観点から、歴史、建築、音楽、文化に関して専門家が書いた文書を集めた本。ローマ帝国の要塞であった昔から、商業の交流点となり発展、ハプスブルグ家の庇護のもと音楽・芸術が栄え、音楽・歴史・芸術的土壌が時代を越えて今も息づいているこの都市を多角的に描き出している。

  • Nakashima Mizuki さん

    読みやすい。入門向け?いろんな分野の人が書いていて、とても面白いと思った。 ウィーン建築史がとても助かった。 けれどもけっこう知ってることが載ってて、ゼミの発表の参考にはあまりならなかったかな?

  • 大村秀樹 さん

    普通に読みやすくて面白かったです。あと7章の「輪舞」の解説がすごくよかった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

饗庭孝男

1930年(昭和5)、滋賀県生まれ。文芸評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品