笑う、避難所 石巻・明友館136人の記録 集英社新書ノンフィクション

頓所直人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206265
ISBN 10 : 4087206262
フォーマット
発行年月
2012年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
157p 17cm

内容詳細

旧北上川の河口から約3キロ上流に位置する宮城県石巻市不動町。3月11日、川を逆流し町を飲み尽くす大津波を逃れて、人びとは勤労者余暇活用センター・明友館に集まった。指定避難所と違い行政の支援が届かないこの自主避難所は、わずか数週間後には在宅避難者や児童施設に救援物資を届ける「支援する避難所」に役割を変える。行政のシステムが機能不全を起こし被災者の困窮に追い打ちをかけ、ボランティアグループさえ十分に機能できない状況のなか、高齢者や子どもを含む136人は生き抜くためにどう闘ったのか。傑出したリーダーのもと不思議と笑い声の絶えない避難所に長期密着した奇跡のルポルタージュ。

目次 : 第1章 自主避難所「明友館」誕生/ 第2章 「役割」を果たす避難民/ 第3章 リーダー・千葉恵弘/ 第4章 支援する避難所/ 第5章 奇跡の避難所/ 第6章 明友館に集う人々/ 第7章 これからの明友館

【著者紹介】
頓所直人 : 1976年東京都生まれ。週刊プレイボーイの記者として政治、経済から殺人事件まで幅広く取材。精神医療現場や貧困など社会問題をテーマにした特集に取り組み、好評を得る。震災後は福島はじめ、被災地での取材に軸をおいて活動中

名越啓介 : 1977年奈良県生まれ。写真家。大阪芸術大学卒業。97年から世界各地で廃ビルや廃屋を不法占拠して住み着く、スクウォッターたちとの共同生活を撮影(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    震災関連の本は、その基調が悲しみであったり、また憤りであったりするのだが、本書から感じるそれは、頼もしさや逞しさである。その点において、何よりもここで描かれる明友館は特異な位置にある。ここは石巻にある私設の避難所。こことても、建物の1階は津波による甚大な浸水を受けた。そこが避難所として機能し始めたのは、最初はいわば偶然であったかもしれない。しかし、やがてそこは支援する避難所として奮迅の活躍を見せることになる。やってきた誰もに「こんな避難所見たことない」と言わしむるまでになるのである。石巻に明友館あり!

  • いつでも母さん さん

    今頃の読書だが、読み友さんに感謝。あの時、この様な自主避難所があったことに驚く。被災者だが、支援する避難所として機能していくのだ。深い悲しみや苦しみ、辛さを抱えてなお自らが立つ。たった一つのルールこそが、人間らしくその後の暮らしを支えてきた根源になったのかもしれない。今、このようなときに『平等』を本書から学ぶ。千葉さんをしてリーダーという人物像も考えさせられた。

  • ケイ さん

    石巻の明友館は、班長とリーダーがバランスをとった、よきモデルとなる避難所であった。それは悪い意味での日本の官僚主義、ことなかれ主義の圏外であったからだ。まず、石巻の公的施設の隣にたまたま集まってきた人がいてできて避難所であり、公的でなかったため、まずは自主的に動かねばならなかったことだ。警察や自衛隊の支援のネットワークからも漏れていて、それでも何とかしようとかできると思って行った人々たちのチームワークが非常に良く作用し、支援にくる人をも巻き込んで笑って暮らせる避難所となったのだ(続く)

  • ばりぼー さん

    東日本大震災の際、行政の支援が届かないこの自主避難所は、リーダーの千葉恵弘を中心に、在宅避難者や他の避難所に救援物資を届ける「支援する避難所」として最大級の役割を果たした。行政が運営する避難所は、「平等」を尊重するあまりに、あれもダメ、これもダメと規制を強いることが多いが、明友館の唯一のルールは「ウンコをしたら水を流す」。酒もたばこも自由、プライバシーを保つための家族ごとの仕切りもなし。「段ボールはないですね、ここはみんな家族なんで」。笑いの絶えないここでは、揉め事らしい揉め事は一切起こっていない。

  • 遅筆堂 さん

    これは良い。被災者の生の声と気持ちが伝わる。決してドラマチックに書かれているわけでもない。避難所のあり方もこれで良いのかも知れない。収容所で無いのだから、それぞれの生活を尊重する。人間らしい生活をする。唯一のルールは「ウンコをしたら水を流す」だけ。そして支援する避難所に発展する。笑え声、お酒も飲む、ギターを弾く、人間らしい生活が避難所を育てる、そして被災者の気持ちを支える。いつかは自分たちも避難所生活になるのだろう、だからこの姿勢は忘れないよう心に留めておく必要がある。きわめて良書。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

頓所直人

1976年東京都生まれ。週刊プレイボーイの記者として政治、経済から殺人事件まで幅広く取材。精神医療現場や貧困など社会問題をテーマにした特集に取り組み、好評を得る。震災後は福島はじめ、被災地での取材に軸をおいて活動中

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品