須賀敦子全集 第1巻 ミラノ 霧の風景、コルシア書店の仲間たち、旅のあいまに 河出文庫

須賀敦子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309420516
ISBN 10 : 4309420516
フォーマット
出版社
発行年月
2006年10月
日本
追加情報
:
15cm,453p

内容詳細

『ミラノ 霧の風景』―須賀文学の魅力が凝縮した、不滅のデビュー作。講談社エッセイ賞、女流文学賞受賞。『コルシア書店の仲間たち』―60年代ミラノの小さな共同体に集う人々の、希望と熱情の物語。『旅のあいまに』―単行本未収録の連作エッセイ12篇。深いまなざしで綴られるさまざまな出会い。

目次 : ミラノ 霧の風景(遠い霧の匂い/ チェデルナのミラノ、私のミラノ/ プロシュッティ先生のパスコリ ほか)/ コルシア書店の仲間たち(入口のそばの椅子/ 銀の夜/ 街 ほか)/ 旅のあいまに(マリ・ルイーズ Marie Louise/ ヴァレリー Valerie/ インセン In‐seng ほか)

【著者紹介】
須賀敦子 : 1929‐98年。兵庫県生まれ。聖心女子大学卒業。上智大学比較文化学部教授。1991年、『ミラノ 霧の風景』で女流文学賞、講談社エッセイ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あーさん☆エアコン苦手(¯―¯٥) さん

    著者の須賀敦子氏の頭脳の良さが文章にヒシヒシと出ている本。聖心女子大学卒。上智大学教授ってハイスペックな方の文章は凄いな(¯―¯٥)でも、出版社がルビを入れないから、この凄さを若い人達に読んでもらえないと言う事実がちょいと寂しい(¯―¯٥)この本に辿り着ける若い人が何人いるのかな?('・ω・')

  • コットン さん

    3つの上手さとセンスを感じるエッセイを収録。(このうち『コルシア書店の仲間たち』は既読。)『ミラノ 霧の風景』:友人にからかわれながら早起きして新聞を買いに行くほど熱中した新聞小説が『香水』(←これ私も面白く読みました!)だった話や、イタリアの八百屋の奥さんに古新聞をあげていて、じぶんでも贅沢だと思いながら東京で買ったハンカチを整理の悪さで古新聞の中に挟んだままなのを八百屋さんにあげてしまい奥さんに感謝されて引っ込みがつかなくたった話など。人の好さが文章からにじみ出ているように感じ好感もてます。

  • 佐島楓@執筆中 さん

    『ミラノ 霧の風景』『コルシア書店の仲間たち』『旅のあいまに』収録。読み飛ばすことができず、時間がかかってしまったが、結果的に正解だった。コルシア書店での様々なひとびととの出会いと別れ、喜びと悲しみを描くには、須賀さんの中で醸成する時間が必要だったのだろう。過去を書き、もう会うことのないひとびと。でもなにか、悲しいだけで終わらない、彼女のなかの世界観、空間のようなものも感じ取れるのは、筆の力ということなのだと思う。

  • こばまり さん

    自分にはまだ早いと遠ざけて幾年。ある朝不意にもはや遅きに失したと手に取れば、浮かんだ微笑みが引っ込むような寂しさに包まれた。孤独と衰退の文学であると思う。私はもう大人。この苦味を静かに楽しむことができるだろう。

  • スプーン さん

    「ミラノ霧の風景」須賀敦子の描いたものは、遠い日に過ごしたイタリアでの日々であり、過ぎ去っていった人々への愛である。その愛が、読者のいつかの記憶と結びつくから不思議である。都市の歴史の深みと、人の心の深みは、どこかで同調するのかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

須賀敦子

1929‐98年。兵庫県生まれ。聖心女子大学卒業。上智大学比較文化学部教授。1991年、『ミラノ霧の風景』で女流文学賞、講談社エッセイ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品