時代の抵抗者たち

青木理

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309249520
ISBN 10 : 4309249523
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
追加情報
:
280p;19

内容詳細

いま最も戦闘的なジャーナリストが各界の抵抗する発言者たちと対話しながら、破滅につきすすむ、この国のありかた、世界のゆくえを問い直し、あらたなすがたをさぐる今最も重要な本。

【著者紹介】
青木理 : 1966年生まれ。共同通信記者を経て、フリーのジャーナリスト、ノンフィクション作家。著書に『日本の公安警察』(講談社現代新書)、『国策捜査』(金曜日、増補版は角川文庫)、『絞首刑』(講談社、文庫化)、『日本会議の正体』(平凡社新書)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 『よ♪』 さん

    スタジオジブリが刊行する小冊子の連載。ジブリが本当は伝えたいこと?右?左?拘りはない?でも権力が、思想が、そこに擦り寄る人々が、あまりに危険で、幼稚で、ねじ曲がっていることへの『NO!』だ。ジャーナリスト青木理氏による9人の著名人との対談。中村文則氏の意見を興味深く読んだ。20年5月刊行の背景もあり"安倍政権批判"が多い。だが、政権変われど21年3月現在、相変わらずの"ご飯論法"に呆れる。ほか、キーワード──正常性バイアスと格差社会。沖縄基地問題。在日コリアンと"北"との関係。死刑廃止と「悪魔の弁護人」。

  • mikarin さん

    去年だったと思うのですが、話の流れで当時の政権に批判的な事を言ったら「左翼?」って突っ込まれたんですよ。とても身近な人に。それでビックリして。正直自分が右か左かなんて考えたことも無かったけど私は10代までを東西冷戦下で過ごして西側の自由主義経済を謳歌していた人間なので当然ながら右っちゃ右?くらいな感じで、左翼というのは共産主義とか社会主義を理想とする人たちという認識だったので政権を批判しただけで左翼と呼ばれるって何だろうって。そこから色々考えちゃってこんな本まで読むようになりました。これはロンブー淳のラ→

  • sekkey さん

    印象に残る大事な指摘が2つ 一つは前川喜平氏との話で 個人よりも国家が大事という方向に教育が舵を切りつつあることの危機。 もう一つは中村文則さんとの中で 社会や権力に文句を言ったり刃向かっても無駄だという空気。 これは文句を言うだけで自分は何も行動できない「罪悪感」が根底にあり考えるのを辞めてしまうのだという。 人々が欲しいのは真実よりも半径5メートルの幸福なんだ、という現状。 身近な幸せは悪いことではないけれど、これは本質を突いていると強く感じ、自分も含めた多くの人が再認識したほうがいいことなのだろう。

  • Melody_Nelson さん

    対談集なので読みやすい。古賀誠氏などは意外なセレクトだったが、2歳の時に戦争で父を亡くした生い立ちなどに触れ、反戦の志を感じ、納得。前川喜平氏や田中均氏などの元官僚の話などで、小泉政権の時と現政権の比較があり、現政権のひどさを改めて認識する。小説家の中村文則のインタビューというのは初めて読んだが、ちょっと興味を持ったので、以前から気になっていた「教団X」や「R帝国」などを近いうちに読もうかな。安田好弘氏のインタビューから、死刑制度についても再考せねばと思う。

  • tecchan さん

     ジャーナリストである著者と、作家、元政治家、元外交官、弁護士など様々な識者との対談集。対談相手の特徴は、いずれも時の権力に向かって堂々と発言している人達。この国が破滅に向かって突き進んでいるのではないかと危惧している人達。コロナ禍で政治への不信が高まり先を見通せない今だから是非読みたい本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

青木理

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。1966年、長野県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後の1990年、共同通信社入社。大阪社会部、成田支局などを経て東京社会部記者。警視庁の警備・公安担当などを務める。その後、韓国・延世大学校の韓国語学堂に留学し、外信部へ。2002年から2006年までソウル特派員。2

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品