アンデッドガール・マーダーファルス 1 講談社タイガ

青崎有吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062940092
ISBN 10 : 4062940094
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
317p;15

内容詳細

吸血鬼に人造人間、怪盗・怪人・狼男、魔術結社に切り裂き魔――異形の蠢く十九世紀末ヨーロッパ。激動の時代の中、怪物の関わる事件を専門として扱い、自らも「怪物」として恐れられた日本人探偵がいた。その名は輪堂鴉夜(りんどう・あや)。助手の名は真打津軽(しんうち・つがる)。失った体を求める怪奇にしてファルス的な彼らの旅はいったいどこへ向かうのか。歩いてゆけよ、行けばわかるさ、アンデッドガール・マーダーファルス。

【著者紹介】
青崎有吾 : 1991年神奈川県生まれ。明治大学文学部卒業。2012年『体育館の殺人』(東京創元社)で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。続く『水族館の殺人』が第14回本格ミステリ大賞(小説部門)の候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
不死身の主人公、弟子の鬼、侍女?の3人組...

投稿日:2021/04/25 (日)

不死身の主人公、弟子の鬼、侍女?の3人組が、吸血鬼や人造人間の絡む殺人事件を解き明かすというシュールなストーリー 最初タイトルの意味がよくわからずジャケ買いしたが、首にだけされても死なない主人公、不死身の女性。 当たり!続編も読む。

ヤックン さん | 岡山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nobby さん

    なるほど、これは面白い!で、ラスト怒濤の連続名乗りに否が応でも続編読む(笑)吸血鬼・人造人間など“怪物事件”専門探偵な二人組。そのミステリー解決は、さすが“平成のエラリー”、ロジックきちんと楽しめる。その一方で、とにかく気になる鳥籠の中身や鵜夜と津軽この2人の正体や謎が少しずつ明らかになるのが絶妙。描かれるモンスターも、誰もが思いつく名前や知識に引き込まれること必至。個人的には津軽が頻繁に口にする駄洒落や小話に苦笑だが、タイトル“ファルス(笑劇)”だからね(笑)

  • 麦ちゃんの下僕 さん

    なるほど…これは面白い!19世紀末のヨーロッパを舞台に、“怪物専門の探偵”輪堂鴉夜&真打津軽が「吸血鬼」と「人造人間」に関わる殺害事件に挑む物語ですが…特殊設定の下でも、青崎さんならではの緻密な“ロジック”は冴え渡っていますし…鴉夜&津軽&馳井静句のコミカルなやり取りに笑わされたり、青崎さんには珍しいアクションシーンに手に汗握ったり…と魅力が満載!そして何より…少女記者アニーの上司の“あの人”や、ベルギーで鴉夜と対決する(当時は警察官の)ポ○○、そして怪盗ル○○に黒幕は“あの人”!?コラボが楽しすぎます!

  • だんじろー さん

    特殊設定モノは、ややもすると“何でもアリ”感に支配されて、書き手・読み手双方にとって取扱注意となることが多いのだけれど、そこはさすがの青崎氏、大胆かつ丁寧に仕上げてくれている。得意の緻密なロジックも健在。ぶっ飛んだキャラ達も個性たっぷり。それにしても、まさかあの探偵Pまで駆り出されるとは……。今秋出版予定の次巻が待ち遠しくてならない。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    吸血鬼と人造人間の2編。怪物専門の探偵にまずビックリ。って事は表紙は誰?。続きが楽しみ。

  • nobby さん

    再読。「ふふふふふ」「はははははは」さぁ寄ってらっしゃい!見てらっしゃい!「にやけてふざけた最低屑の似非噺家野郎」半信半疑で造られた半人半鬼なその男、魅せるは泣く子もはしゃぐ“鬼殺し”、戦慄恐怖の“鬼殺し”! その傍らには師匠と慕われる美少女の声いや首!?彼ら人呼んで“鳥籠使い”♬そうだった!ちゃんとミステリなんだった(笑)もう1巻から吸血鬼に人造人間とワクワクでニヤニヤ止まらず!さらに教授と呼ばれる老紳士やベルギーで活躍する警部が持つステッキの刻印がMとかPなんて反則!ぶっ続けで読める至福のまま2巻へ♬

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

青崎有吾

1991年神奈川県生まれ。明治大学文学部卒業。2012年、『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

青崎有吾に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品