難波金融伝 ミナミの帝王

人物・団体ページへ

DVD

難波金融伝ミナミの帝王 金になる経歴(Ver.55)

難波金融伝 ミナミの帝王

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
JDXO25715
組み枚数
:
1
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
コピーライト
:
©2005天王寺 大/郷 力也/Softgarage  
その他
:
ビスタサイズ/スクイーズ, 2005
監督
:

内容詳細

暴力団木村会組員、篠原に泣きの電話が入る。「ナンギなお客がいてまんねん。お願いできまっか!」自己破産から立ち直り、四ヶ月前に改装工事したキャバクラがようやく軌道に乗り始めた宮田からだ。沢木組の後ろ盾により経営も順調で、銀次郎からの借金の利息の支払も申し分ない。しかし元金一千万の返済には程遠く、商売が回り始めただけに、毎月の沢木組へのミカジメ料が惜しくなってきているようだ。宮田はこれまでの恩も忘れ、今度は危機管理コンサルタント桐山に泣きを入れる。桐山といえば元マル暴、現在は通称“縁切り屋”。昔の肩書きに物を言わせ、あちこちの企業や店と顧問契約を結んでは月々の顧問料を受け取り、縁が切れた暁にはさらに謝礼金と称し金を巻き上げているのだ。
桐山の強引な横槍によって沢木組との縁が切れた宮田は、次にとんでもない事を言い出した。沢木組の押し売りによって銀次郎から金を借りさせられた!この借金もなんとかして欲しい…と。そして桐山は銀次郎にまでも姑息な手口を使い、一千万という元金を踏み倒しにかかったのだ。なめきった宮田の態度に銀次郎の裁きが下る!

『週刊漫画ゴラク』に連載された、郷力也による人気漫画を原作にした人気作。竹内力扮する大阪ミナミの高利貸しの萬田銀次郎が、数々の敵を相手に華麗な取立てを見せる!(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品