こちら、発達障害の世界より 生きやすく生きることを求めて ミライのパスポ

難波寿和

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907582203
ISBN 10 : 490758220X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
追加情報
:
253p;19

内容詳細

人の心が分からない。対象のない不安にさらされる。不注意を繰り返す。輝くような感覚の世界に浸る。自らの過去と現在を、「あり得ないことがあり得る」発達障害特有の世界を、時にシリアスに、時に軽妙な語り口で描き出す。「当事者としてのボクと支援者としてのボク」。ふたつの立場を生きる者としての“信念”に基づき、生きづらさを生きやすさへ変える術を伝えていく。そして、その先に待つオモロイ世界に向けて歩き続ける姿を描く、清冽な自叙伝。

目次 : 第1章 生きやすく生きられない―発達障害と診断されるまで(ボクの世界について/ こんな大人が、できちゃいました)/ 第2章 当事者であり支援者―ふたつの立場で働く(診断が下りてから、再び働き始めるまで/ ふたつの立場をもつ支援者として ほか)/ 第3章 ボクの生きやすさ改善術・障害受容―オモロイ世界に向けて(ボク的生きやすさとは/ ストレス対処編 ほか)/ 第4章 あなたへの手紙―全ては当事者のために(パニックの世界にいるあなたへ/ 見通しのなさと不安の世界にいるあなたへ ほか)

【著者紹介】
難波寿和 : 1982年岡山県生まれ。兵庫教育大学大学院・学校教育研究科障害児教育専攻を修了後、福祉施設で心理士として勤務。2012年に自閉スペクトラム症と社交不安障害、その後、うつ病と診断され休職。心理士という専門職として働き続けていくために、自身の障害や疾患を開示したうえで周囲のサポートを受けながら、島根県を拠点に療育やカウンセリング、家族支援に携わっている。「発達障害児者支援サービススモステABA」代表、「山陰発達障害当事者会スモステの会」代表。全国各地での講演活動にも努める。2016年に初の単著『14歳からの発達障害サバイバルブック 発達障害者&支援者として伝えたいこと』(学苑社)を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • dolce vita さん

    本当に、みんな違ってみんなよくて、個性を尊重した社会になればいい。1つの部屋にまとめられて同じように過ごす、社会性とか協調性とかを学ぶ場が苦痛でしかない子たちがいて、同じようにできないことを異質に見られたり区別されたりすることがある。本当は、1人ひとりを測れるものさしは違うものだけど、多の中の位置付けをするのなら統一されたものさしは必要。でもそれが全てではなくて、ハンデがあってもなくても、自分の得意を伸ばし自信を持てるように支えていきたいと強く思った。#NetGalleyJP

  • ひろか さん

    著者の成長記

  • イエル・カナット さん

    今回は高橋さんのデザインじゃないんだけど、手に取ってしまった。仕事できる、できないといった生産性で区別されると心を病んでしまう。会社は居場所で、必要とされる、役立つ感覚が大切で、それを言葉で伝えると喜ぶ。周りの人のことを考えることができない。文章を誰が読んでどう受け止めるかも考えない。相手の忙しさや体調不良に気づけない。対人関係が悪い、ミスする、直さない、思い通りにするなど、周りを疲弊させる。対応は、うつ病になる前に受診。人間関係はギブアンドテイクであることを早めに伝える。よい行動をしたら喜ばせる。☆3。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

難波寿和

1982年岡山県生まれ。兵庫教育大学大学院・学校教育研究科障害児教育専攻を修了後、福祉施設で心理士として勤務。2012年に自閉スペクトラム症と社交不安障害、その後、うつ病と診断され休職。心理士という専門職として働き続けていくために、自身の障害や疾患を開示したうえで周囲のサポートを受けながら、島根県を

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品