新・都市論TOKYO 集英社新書

隈研吾 / 清野由美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204261
ISBN 10 : 408720426X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,238p

内容詳細

林立する高層ビル、変貌する街の風景。これは本当に“東京の再生”につながるのか。汐留、丸の内、六本木ヒルズなど、21世紀TOKYOを代表する5つのスポットを訪ね、リアルな東京の姿を読み解く。

【著者紹介】
隈研吾 : 1954年生まれ。建築家、慶応大学理工学部教授。ベネディクタス賞、村野藤吾賞など内外で受賞多数

清野由美 : 1960年生まれ。ジャーナリスト。都市開発、デザイン、ライフスタイルなど幅広く取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nbhd さん

    いちいちおもしろくて、いろいろとすごい本。第一に、この本を持って、東京を歩きたくてうずうずしている。第二に、大袈裟だけど、トランプ大統領の誕生とザハ・ハディド案の顛末をうっすら予見したりする(08年の本)。ズバズバ斬られる東京の5つの街、隈さんの評価では汐留×、六本木〇、丸の内△、代官山〇、町田◎(町田の一角ではラブホ、結婚式場、マンションが一望できる)。護送船団方式のリスク分散で挑戦できない日本より、リスクを背負える海外を選ぶシニシストなのに、現在進行形で日本に立ち向かってるのは素直にかっこいいなと。

  • てっしー さん

    都市計画・都市開発の視点から見た東京論。建築家とジャーナリストが、汐留・丸の内・六本木ヒルズ・代官山・町田・北京を歩き、語り合う。素人の私には全て同じにしか見えなかった無味乾燥なスカイスクレイパーや商業都市が、全然違う哲学の元に作られてきたとは驚き。この本のお陰で正しく絶望しながら歩けそうだ。経済的に閉じると空間的には開かれ、経済的に開くと空間的には閉じられる、というのは発見だった。←訳分からない人はぜひ一読を。さて、東京五輪は我々にどんな都市開発を見せてくれるのか。

  • okanotomokazu さん

    著者は日本を代表する建築家、隈研吾氏。 日本には統一された様式の都市はない。そこで日本人が求めたのは、海外の街並み。そして、もう一つがテーマパーク。統一感のあるディズニーランドでバーチャルな街並みを楽しんだ。しかし、いま再開発などで新しく作られる街並みは、このテーマパークの様式だという。テーマパークを真似て、本物の街を作るという矛盾。そもそも都市とはカオスである。東京はカオスだから面白い。そこからスタートして、カオスのなかにゆるやかな秩序を生み出せるかどうか。東京の進化はこの点がカギなのではないだろうか。

  • Hiromu Yamazaki さん

    汐留・代官山など東京各地域の風景が次々と斬られていくが、著者自身が建築家であるため若干視点は建築デザイン寄り。経済的困難や都市の成熟性を要因としたリスクヘッジがシミュラークル的都市を生んだと論じるわけだが、JR・私鉄の交差性により生じたオリジナルとバーチャルのカオス空間である町田を絶賛し、さらには開発途上の北京の未来へ希望を見出そうとする結末は、現代日本の都市開発に対する絶望感に若干打ちひしがれすぎな感。

  • ユカ さん

    建築家というのはいつも俯瞰したものの見方をしているのかなと。東京という場所の構造、歴史を読んで行くとまるで生き物のように変化、成長してゆく。都市を見る角度が変わる。東京をゾーニングして、本来矛盾するものをななめにクロッシングすることで矛盾を解消する斜交性の分析はかなりグッときた。フィールドワークの中でのお2人の掛け合いが軽く、堅い内容がらくに読めます。しかし汐留、丸の内、六本木、代官山、中目黒ときての町田か!コレド室町を訪れて手に取るがこれから東京オリンピックに向けて都市の変化並びに災害対策が気になる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品