グランド・フィナーレ

阿部和重

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062127936
ISBN 10 : 4062127938
フォーマット
出版社
発行年月
2005年02月
日本
追加情報
:
20cm,200p

商品説明

終わり、それとも始まり……神町を巡る物語。「グランドフィナーレ」という名の終わりの始まり。毎日出版文化賞、伊藤整賞W受賞作「シンセミア」に続く、二人の少女と一人の男を巡る新たなる神町の物語。第132回芥川賞受賞作。

内容詳細

「神町」そして、ふたたび…。土地の因縁がつなぐ物語。終わりという名のはじまり。表題作「グランド・フィナーレ」ほか三篇を収録。第132回芥川賞受賞作。

【著者紹介】
阿部和重 : 1968年生まれ。小説家。『アメリカの夜』で第37回群像新人文学賞を受賞しデビュー。その後、『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞を、『シンセミア』では第15回伊藤整文学賞、第58回毎日出版文化賞をダブル受賞し、『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ロリコン男の破滅と再生を描いたストーリー...

投稿日:2006/01/05 (木)

ロリコン男の破滅と再生を描いたストーリー。まったく免疫の無い自分には強烈でした。アーチー・シェップのクワイエット・ドーンを出してくるあたりはお手上げです。併記されている短篇も少しキレてておもしろい。

じぇい さん | 岡山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    2005年の芥川賞受賞作らしいが、ひと言で言えばよくわからない小説だった。娘のヌード写真を撮った事がばれて、妻から離婚されて失職したロリコン男性が、東根市神町で2人の少女と出会うという物語。少女と出会い 変わっていくという設定は赤頭巾ちゃん気をつけて・・を彷彿させるが、他の設定はひどく現代的で理解不能。 

  • けい さん

    阿部和重さんの作品は「13番目・・・」に続いて2作品目。こちらはさすが芥川賞作品だけあって難解。文章の展開については先の作品で慣れているため、違和感を感じることなく読み進める事が出来た。感情移入を期待する様な設定の作品ではなく(主人公の性癖から感情移入は正直無理)心理の変化を読んで行く物語としてして読んだ。2編の短編も同時に掲載されているが、文章は面白いが・・・。題材はあえてなんでしょうけど正直単純に面白いとは言えない作品でした。

  • 人間万事塞翁が馬ZAWAZAWA さん

    変態(変態性欲者)が変体(心の中で)していく。この性癖だけはダメでしょ!ロリコン。我が子の裸を撮ったり、小学5年の少女とその母親と関係するのもダメ。飲み屋のホステスIに罵られるのも当然。性癖異常者の視点で描かれた展開に嫌悪感を感じるものの、殺してやりたいとまでは思えないのは、変体していることへの希望だろうか?

  • まゆこ* さん

    初めて読みました、この方の作品。出だしのまどろっこしい心境ってのが前まで嫌いだったんだけどもなんとも引き込まれる。人間として堕落し最低だと思うし、本人も思っているけど他人と関わることではっと気づくもんなんだな。劇うまくいったかな二人の少女はどうなっただろう。

  • James Hayashi さん

    132回芥川賞受賞作品。少女偏愛性癖者を描いた標題作で、家族と劇を教える少女たちとの微妙な距離感を描いてあり、そのディテールが自分には響いた。前日読んだ藤沢周の芥川賞受賞作とは違い、読むに値する作品だと思う。しかしその他3編の短編があるが、なにか史実を掘り起こしているようで悪くはないが、あまりピンとこなかった。他の作品も読んで見たい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

阿部和重

1968(昭和43)年山形県生れ。’94(平成6)年『アメリカの夜』で、群像新人文学賞を受賞し、デビュー。’99年『無情の世界』で野間文芸新人賞を、2004年『シンセミア』で伊藤整文学賞と毎日出版文化賞を受賞。’05年『グランド・フィナーレ』で芥川賞を受賞した。’10年『ピストルズ』で谷崎潤一郎賞を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品