間宮祥太朗 直筆エッセイ&フォトブック『色』

間宮祥太朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784847083587
ISBN 10 : 484708358X
フォーマット
出版社
発行年月
2021年03月
日本
追加情報
:
AB判・並製・208ページ

内容詳細

月刊誌プラスアクト連載開始当初から「直筆の字が凄く綺麗!」と話題になった間宮祥太朗。美しい直筆のエッセイはそのままに、新たに伊豆大島とスタジオで撮り下ろした23色・23変化の写真と本音だらけのロングインタビューを加え、オールカラー計208ページにも及ぶ「直筆エッセイ&フォトブック」として、連載『色』が生まれ変わりました!
色にまつわる直筆エッセイ以外はすべてこの本のため、まるで新写真集のような前代未聞のまとめBOOKです。「ここまで自分がたくさん詰まっているとは!」と間宮自身も漏らした高濃度の1冊。間宮祥太朗ならではの「色」ワールドを存分に楽しめます。

撮影:京介

【著者紹介】
間宮祥太朗 : 1993年6月11日生まれ。神奈川県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
最近観た映画で気になった俳優さんだったの...

投稿日:2021/03/30 (火)

最近観た映画で気になった俳優さんだったので購入。直筆で様々な色についての感想や感じ方を表現していて、すごく哲学的かと思いきや笑わしてきたり、直筆の字が綺麗なのでそのギャップを楽しめました。 また、人の直筆に触れる事が少ないので温かみや妙なリアルさがありました。文章の内容がすっとはいってきて、寝る前に読んだこともあり、心地よかったです。映画を見た時に感じた言葉がダイレクトに感情として伝わる俳優さんだなぁと久々に心が掴まれた気がしたときと似ていました。 言葉選びも、チョイスも、配置も、独特なセンス。 通常の写真集以上に楽しめました。 また、時間をおいても読んでみたい作品です。

サラ さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 結衣花 さん

    雑誌『+act.』で連載中の直筆エッセイが纏められたフォトブック。「自分が火曜10時枠に出るなんて」と本人の言葉通り、今まできゅんきゅんさせる作品には縁遠かった間宮祥太朗さん。例に漏れず、私が画面の中で姿を追うようになったきっかけも、一攫千金のため生死を賭ける銀髪姿の間宮さんでした。達筆な字が綴る連想ゲームのような少しも飾らないあるがままの色への私見と、体現するように色を纏う写真の数々に、これは読み物でありアートだなと感じたので登録。まさか画像検索でゴリラの逞しい背中を見る日がくるとは。気になる方は是非。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

間宮祥太朗に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド