川の中の美しい島・輪中 熊本藩豊後鶴崎からみた世界

長野浩典

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863291997
ISBN 10 : 486329199X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
225p;19

内容詳細

熊本藩の飛び地として栄えた港町と輪中集落の物語。水害を克服してきた生活の知恵、藩お抱えの刀鍛冶集団、キリスト教布教の拠点(キリシタンベルトの東端)など、小さな輪中に広がる多種多様な歴史をひもとく。

目次 : 第1章 高田輪中/ 第2章 輪中の「現」風景/ 第3章 輪中の洪水史―防災と祈り/ 第4章 輪中の近代/ 第5章 江戸後期の輪中/ 第6章 輪中の刀鍛冶と野鍛冶・入鎌師/ 第7章 「キリシタンベルト」の東端・熊本藩豊後鶴崎

【著者紹介】
長野浩典 : 1960(昭和35)年、熊本県南阿蘇村生まれ。1986(昭和61)年、熊本大学大学院文学研究科史学専攻修了(日本近現代史専攻)。現在、大分東明高等学校教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品